近世奄美知る貴重史料を展示 名越直筆の「雑記下書」も 南島雑話展―写本の成立背景とその時代 奄美博物館

 奄美市立奄美博物館の企画展「『南島雑話』展―写本の成立背景とその時代―」が3日、奄美市名瀬の同博物館3階企画展示室で始まった。史料公開は14年ぶり。初公開となる名越左源太直筆の「雑記下書」など貴重な史料や解説パネルが並 […]

一村の奄美時代を評価 生誕110年で大矢氏講演

 南海日日新聞社主催の「生誕110年 田中一村講演会」が4日、奄美市名瀬の集宴会施設であった。講師は美術評論家で島根県の津和野町立安野光雅美術館長の大矢鞆音氏(80)=神奈川県川崎市。大矢氏は田中一村について「抜群の才能 […]

島の豊かさ再認識 奄美環境文化フォーラム

 奄美環境文化フォーラム(奄美大島自然保護協議会主催)が27日、奄美市名瀬のホテルであった。講話やトークセッションを通して島の貴重な自然と文化の豊かさを再認識し、世界自然遺産登録実現への機運を高めた。地元出身アーティスト […]

奄美市民文化祭が開幕

 第42回奄美市民文化祭(奄美市など主催)は27日、同市名瀬の奄美文化センターで開幕した。初日から多くの市民が訪れ、舞台発表やホールに展示された絵画、書道、写真などの作品鑑賞を楽しんだ。文化・芸術の発展に貢献した1個人7 […]

「死の棘」がオペラに

 沖縄の音楽家、ジョージ・ショウこと上地昇さん(71)がこのほど、奄美ゆかりの作家・島尾敏雄の代表作「死の棘(とげ)」をオペラ化した。楽譜と自身のエッセーを1冊にまとめた「オペラエッセー集 トシオとミホのものがたり」(N […]