多彩な伝承芸能堪能

   知名町の国民文化祭事業「おきのえらぶ民謡・民舞の祭典」は1日、同町のおきえらぶ文化ホールあしびの郷・ちなであった。午後と夜の2回公演にそれぞれホールが満席となる約500人が来場。島内外の伝承芸能や舞踊、民 […]

伝承に向けシンポジウム/与論十五夜踊

  与論町の国民文化祭事業「与論十五夜踊研究の最前線」最終日は1日、「未来の伝統芸能を考える」と題したシンポジウムがあった。与論町国民文化祭企画委員長の麓才良さんをコーディネーターに、狂言師や十五夜踊の踊り手ら […]

天城町で方言フェスタ

  第30回国民文化祭・かごしま2015の天城町主催事業「方言フェスタinとくのしま」が1日、天城小学校であっ た。地元中高生と青年団による島口ミュージカル「結―MUSUBI」をはじめ、島唄や島口落語など多彩なステージが […]

かごしま国文祭が開幕

   【鹿児島総局】国内最大の文化の祭典「第30回国民文化祭・かごしま2015」(愛称・ひっとべ!かごしま国文祭)が31日、開幕した。鹿児島市の鹿児島アリーナで開会式・オープニングフェスティバルがあり、国文祭史 […]

歴史感性の鋭さ再評価/弓削さん「島尾敏雄」講演

 奄美を拠点に多数の文学作品を生み出した作家・島尾敏雄氏の業績を検証する「島尾敏雄記念室講演会」が31日、奄美市名瀬の県立奄美図書館であった。講師は奄美郷土研究会の弓削政己さん。弓削さんは奄美に関する記述などを通して、島 […]

「故老たちのムンガタレから学ぶ」刊行

  瀬戸内町嘉鉄の静島秀麿さん(85)が9月、「故老たちのムンガタレから学ぶ」を刊行した。古老たちから聞いたムンガタリ(物語)や自身の体験を基に集落に伝わる風俗や民俗、芸能、年中行事などをつづった。大工の棟梁で、島唄者で […]

国民文化祭、あす開幕

 国内最大の文化の祭典「第30回国民文化祭・かごしま2015」(愛称・ひっとべ!かごしま国文祭)が31日、開幕する。11月15日までの16日間、南北600㌔に及ぶ全43市町村を舞台に、音楽や舞踊、文芸、美術、伝統文化・郷 […]

島民劇、宇検村で大盛況

 国民文化祭・かごしま2015の開幕に先駆けて28日、宇検村の元気の出る館で島民劇「枝手久(イダト)・恋物語~カマシュとアヤグヮ」が上演された。宇検村枝手久島に大正から昭和の約30年間暮らした夫婦と村民との交流を描いた物 […]

伝統の「種下ろし」龍郷町

 龍郷町の各集落で23、24の両日、「種下ろし」が行われた。翌年の豊作を祈り、1年間を締めくくる伝統の稲作行事。住民や出身者が家々を踊り清め、家内安全や集落の繁栄を祈った。