龍郷町秋名・幾里地区でアラセツ行事

 「朝潮(あさしゆ)満ちあがりやショチョガマのお祝(よ)べ 夕潮(よねしゆ)満ちあがりや平瀬お祝べ(朝潮が満ちればショチョガマの祭り 夕潮が満ちれば平瀬の祭り)」―。旧暦8月最初の丙(ひのえ)日に当たる17日、龍郷町秋名 […]

先祖の神祭り家内安全願う

   旧暦8月最初の丙(ひのえ)に当たる17日はアラセツ(新節)の祭り日。龍郷町秋名・幾里では、「秋名アラセツ行事(ショチョガマ、平瀬マンカイ)」=国指定重要無形民俗文化財=がある。アラセツの前日は「ツカリ」といわれ、1 […]

「えらぶのむんがたい」制作

 沖永良部島の方言(島むに)と標準語による昔話の読み聞かせCD「えらぶのむんがたい」シリーズの制作が進んでいる。7月には第1集(3話収録)が完成。島の自然や暮らしの中で聞こえる生き物の鳴き声、機織り、三線の音なども取り入 […]

秋名アラセツ準備万端

 ○…国の重要無形民俗文化財に指定されている龍郷町の「秋名アラセツ行事」で使う「ショチョガマ」が同町秋名に完成した。秋名・幾里両地区の青壮年団や老人クラブなどが集落と田袋を見下ろす山の中腹に片屋根のわらぶき小屋(ショチョ […]

カサン唄を堪能/十五夜唄あしび、奄美市名瀬

 奄美市の自主文化事業「奄美十五夜唄あしび」が5日夜、同市名瀬の奄美文化センター野外ステージであった。20回目の節目を迎えた今年は、笠利地区の出演者らが円形状のステージで次々と島唄を披露。観客には焼酎などが振る舞われ、涼 […]

各地で豊年祭・敬老会

 旧暦8月入りと敬老の日(21日)を前に、奄美市の各地区・集落で6日、豊年祭や敬老会があった。地域住民らが集い、奉納相撲や余興、八月踊りなどを繰り広げてシマ(集落)の繁栄、五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。同市名瀬の根瀬部 […]

「奄美竪琴」魅力を発信/盛島さん初CD全国発売へ

 龍郷町在住の奄美竪琴製作者兼演奏者、盛島貴男さん(65)の初CDアルバム「奄美竪琴」(ウサトリーヌ・レコード)が13日、全国レコード店や大手インターネットショップなどで発売される。盛島さんは「自然体で違和感ない演奏が録 […]

学生の琉球芸能を堪能

 沖縄県立芸術大学音楽学部の「琉球芸能公演」が4日夜、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。沖縄の祝儀舞踊「かぎやで風」をはじめ、瀬戸内町加計呂麻島の諸鈍集落に起源があるとされる古典女踊「諸屯(しゅどぅん)」や古典打組踊り […]

沖芸大が与論町で出前コンサート

 沖縄県立芸術大学音楽学部の出前コンサートが2日、与論町砂美地来館であった。学生、講師10人が来島し、器楽や声楽の生演奏を披露。与論高校吹奏楽部(西村彬顧問、部員12人)との合同演奏もあり、高校生との交流を深めた。 &n […]

18年以降に持ち越しか/奄美の世界自然遺産登録

  政府が最短で2017年夏の実現を目指している「奄美・琉球」の世界自然遺産登録実現は、登録の前提となる国立公園化の手続きなどが遅れてずれ込む公算が大きく、国連教育科学文化機関(ユネスコ)へ今月末までに推薦書の暫定版が提 […]