学校給食に県産和牛 和泊町

 和泊町は10日、町内の小中学校などに県産黒毛和牛を使った給食を提供した。大城小学校(田邊ツル子校長)には生産者やJA職員、町職員らが訪れ、児童とともに牛肉の味を堪能した。    県産和牛の給食提供は命の大切さ […]

Iターン増で児童4人から9人に 瀬戸内町・嘉鉄小

 瀬戸内町立嘉鉄小学校(中島朋子校長)は児童のほとんどがIターンの児童たち。2019年度初め4人だった児童数は転入などで徐々に増え、20年度は9人になった。学校存続を願う校区住民も「学校から子どものにぎやかな声が聞こえる […]

愛読書の魅力プレゼン 大島高校

 奄美市名瀬の県立大島高校(竹井俊久校長、生徒736人)で9日、愛読書の魅力を発表する「ビブリオバトル」(知的書評合戦)があった。生徒たちはお薦めの一冊を手に、同級生や先輩、後輩らへ熱のこもったプレゼンテーションを展開。 […]

コロナ禍に横断幕で応援メッセージ 金久中

 奄美市名瀬の金久中学校(船倉文章校長)はこのほど、コロナ禍にあっても希望をもって進むことの大切さを伝えようと、地域住民らを応援する横断幕を作成した。「明日への希望を輝かせ 前を向いて、進もう」と呼び掛けている。 &nb […]

講話や歌で奄美の魅力体感  大島北高

 奄美市笠利町の大島北高校(下髙原涼子校長)で8日、1年生52人を対象としたアマンday奄美学講座があった。今年度4回目となる今回は、NPO法人ディ!(麓憲吾代表)が市内各校を巡り奄美の魅力を伝えている「唄島スクールあら […]