マグロ解体ショーに歓声 喜界・早町小

 喜界町立早町小学校のPTA組織かがやきの会(榮勝也会長)は21日、塩道公民館で親子レクリエーションを開催した。喜界島漁協青年部らによるキハダマグロの解体ショーがあり、児童や保護者、地域住民ら約70人が、見事な包丁さばき […]

龍郷町子ども博物学開講式

 龍郷町子ども博物学士講座(町教育委員会主催)の開講式が20日、町生涯学習センターりゅうがく館であった。初回は草木染めを体験したほか、前年度の受講生11人が身近な自然や環境問題について調べた内容を発表。「美しい自然をこの […]

シマグチで読み聞かせ 佐仁小

   奄美市笠利町の佐仁小学校(花房八重子校長、児童11人)で13日、「シマグチによる本の読み聞かせ会」があった。児童がよく知る絵本を保護者がシマグチ(方言)で読み聞かせる新たな試み。児童らは、いつもと一味違う物語の世界 […]

喜界・早町小で防災授業

 喜界町の早町小学校(長田正浩校長、児童65人)で13日、防災に関する出前授業があった。4~6年生34人が地震や津波、土砂災害について学び、防災意識を高めた。    早町小学校は、土曜授業で喜界島について学ぶ時 […]

留学生がパッション収穫 瀬戸内町

 瀬戸内町の県立古仁屋高校(重吉和久校長)寮に所属する地域みらい留学生は13日、同町阿木名で農業体験を行った。2年生8人が参加し、町の特産品であるパッションフルーツの収穫や出荷作業を通して農家の苦労や農業の魅力に触れた。 […]

奄美の動植物学ぶ 平城さんが講演 崎原小中学校

 奄美市名瀬の崎原小中学校(長﨑克則校長、児童生徒22人)で13日、奄美博物館の平城達哉さんを講師に招いた講演会があった。児童生徒と保護者らが参加し、世界自然遺産登録を目指す奄美大島のさまざまな動植物について学んだ。 & […]