古仁屋高校「紫雲寮」を開設 瀬戸内町

 県立古仁屋高校(重吉和久校長)の「紫雲(しうん)寮」に8日、6人の留学生が入寮した。この日は入寮に当たっての説明会があり、下宿を利用する留学生、保護者らを含めて約30人が参加。留学生は3年間共に過ごす仲間と交流を深め、 […]

再発防止で検討委設置 奄美市中一指導死

 2015年11月に奄美市内の公立中学1年男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、朝山毅市長は2日、遺族が1月に提出した要望書に回答した。再発防止対策検討委員会を設置して生徒指導や教育相談などの望ましい在り方を検証し、 […]

大島高 スマホで受験対策

 県立大島高校(奄美市名瀬)で、生徒のスマートフォン(スマホ)を使った学習指導が導入され1年になる。2020年度に始まる大学入試改革に向け、2018年度の1年生が対象。かつてノートに手書きしていた生活日誌や学習記録がスマ […]

奄美群島1072人が小学校卒業

 奄美群島各地の小学校で22日、卒業式があった。2018年度の卒業生は奄美全体で1072人(男子555人、女子517人)。卒業生たちは保護者や在校生らに見守られながら卒業証書を受け取り、中学校生活へ気持ちを新たにした。 […]

卒業生が大学合格体験語る 大島高校

 「受験勉強は付け焼刃では駄目」―。奄美市名瀬の県立大島高校(竹井俊久校長)で19日、今春卒業した先輩が大学合格体験を紹介するパネルディスカッションが開かれた。国公立大学に合格した10人が受験生活を振り返り、下級生にアド […]

生徒が手作り「弁当の日」 大島北高校

 奄美市笠利町の県立大島北高校(新山剛校長)で19日、生徒たち自身が弁当を作り学校に持っていく取り組み「弁当の日」があった。1・2年生71人が弁当を持参。毎日、食事を作ってくれる人に感謝しつつ、友だちらと輪になって手作り […]

古仁屋高校で地元就職ガイダンス

 瀬戸内町の県立古仁屋高校(大山良一校長)は15日、校内で地元就職ガイダンスを開いた。若者の島外流出に歯止めがかからない中、新卒者やUターン者の地元就職を後押ししようと初めて企画した。1、2年生64人に対し、町内9事業所 […]