文化財の由来や価値知る 知名町

 知名町の2018年度文化遺産めぐり(町教委主催)が5日にあり、子どもから一般まで25人が町内各地の文化遺産を見て回った。沖永良部島で唯一の国指定史跡「住吉貝塚」をはじめ、今年4月に県指定史跡となった「中甫(なかふ)洞穴 […]

奄美高校が南九州大会へ 県吹奏楽コンクール

 第63回県吹奏楽コンクール(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は7月24~31日、鹿児島市の市民文化ホールであった。小学生から一般まで合わせて206団体、約6300人が出場し、音色を競った。奄美群島関係は奄美高校が南九州小 […]

奄美大島要塞司令部跡を発掘調査 瀬戸内町

 大正~昭和初期、奄美大島に駐屯した陸軍の中心施設だった「奄美大島要塞司令部」跡の発掘調査が5日、瀬戸内町の県立古仁屋高校グラウンドであった。同施設の発掘調査は初めて。この日は当時の建物に関連する可能性のあるコンクリート […]

漂着ごみ問題を調査 奄美こども環境調査隊

 奄美市内の小中学生6人で結成した奄美こども環境調査隊(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄本島北部・やんばる地域視察2日目は2日、海の環境をテーマに、漂着ごみの問題を調査した。隊員たちは名護市瀬嵩の砂浜でペット […]