体育祭の秋、高校から /古仁屋、大島北皮切り

 奄美各高校の体育祭・体育大会が5日始まった。県立古仁屋高校(松ヶ野健校長、生徒136人)の第67回体育祭はこの日、瀬戸内町の同校グラウンドであり、生徒らは新・古高魂(障害物競走)や学年対抗綱引き、八月踊りなど全17種目 […]

奄美から9人参加/県教委・英語キャンプ

 県内の高校生が外国語指導助手(ALT)や外国人留学生らと英語漬けの生活を送る「イングリッシュキャンプ」が10日から2泊3日の日程で、鹿児島市の県立青少年研修センターで行われた。奄美群島から大島1人、喜界3人、沖永良部5 […]

高校生が地域づくりで意見交換

 独立行政法人日本学術振興会と鹿児島国際大学が共催し、奄美独特の共助精神「結い」の文化に基づく地域づくりについて、奄美の高校生に考えてもらう「ひらめき☆ときめきサイエンス in Amami」が9日、奄美市名瀬のAⅰAⅰひ […]

大和村で子ども自然観察会

 奄美自然体験活動推進協議会と環境省奄美野生生物保護センター主催の2015年度奄美自然ふれあい行事「夏休み子ども自然観察会」が27日、大和村の同センターであった。「足元の小さな自然をカメラで撮ろう」と題し、親子連れなど2 […]

児童驚く黒板アート

 奄美市の小湊小学校(外戸口浩春校長、児童11人)の教室に14日、突如、黒板アートが出現した。描いたのは武蔵野美術大学(ムサビ)の学生たち。チョークで一夜にして描かれた大きなハブやイセエビに、児童らは驚きながらも真剣に見 […]

文化、自然の魅力に触れる-千葉商科大

 千葉商科大学(千葉県市川市)の国際教養学部の学生ら65人が、26日から2泊3日の日程で奄美大島を訪れている。学生たちにフィールドワークを通して奄美の文化や自然の魅力に触れてもらおうと初めて企画された。27日は唄者の築地 […]