奄美大島・徳之島 「世界遺産」へ再出発 推薦取り下げ、賢明な判断 今夏ならず、新目標20年

 政府は1日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に提出していた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の世界自然遺産登録推薦を取り下げ、2019年2月までに推薦書を出し直すと発表した。奄美の関係市町村長 […]

知名町建設構想検討委、新庁舎像など議論

 知名町の役場新庁舎建設基本構想検討委員会(委員長・赤地邦男副町長、委員14人)の第4回会合が30日、町中央公民館であった。望まれる新庁舎像や建設候補地の条件などについて委員らが検討。基本構想策定に当たってのキーワードと […]

奄振審議会、法延長議論最終盤へ

 奄美群島振興開発審議会(会長・原口泉志學館大学教授、委員11人)の第110回会合が17日、東京都千代田区の中央合同庁舎であった。2018年度末で期限切れとなる奄美群島振興開発特別措置法(奄振法)の延長・改正に向け、事務 […]

世界遺産の登録推進 徳之島で群島議員大会

 第61回奄美群島市町村議会議員大会(群島市町村議会議長会主催)が16日、徳之島町の農協会館であった。12市町村の議会議員や首長など約200人が出席。2018年度末で法期限切れとなる奄美群島振興開発特別措置法(奄振法)の […]

生産者の意識向上へ 堆肥活用や土壌改良で提言も 産地関係者と意見交換 農水省さとうきびキャラバン

  鹿児島、沖縄両県のサトウキビ産地の現状を確認する「さとうきびキャラバン」で農林水産省の担当者は15日、奄美市笠利総合支所で地元の糖業関係者と意見交換した。担当者が2017年産キビの低糖度対策や国の働き方改革の内容を説 […]