2町長選スタート/龍郷、伊仙とも一騎打ち

 任期満了に伴う龍郷町と伊仙町の町長選挙が17日告示され、両町とも現職と新人が立候補して5日間の選挙戦に入った。厳しい地方財政や少子高齢化の対策など課題が山積する中、各候補は1次産業の振興や雇用の創出、子育て支援、世界自 […]

芭蕉布製品普及で提案 知名町で有識者会議

 【沖永良部総局】知名町内の産学官の代表らで構成する「まち・ひと・しごと創生総合戦略有識者会議」(石田秀輝座長、委員12人)の2017年度第1回会合が16日、同町商工会館であった。地方創生に向けて15年度に策定した町総合 […]

IUCN、徳之島調査/商工、観光関係者ら歓迎

 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島県、沖縄県)の世界自然遺産登録に向けた現地調査で、12日から奄美大島入りしていた国際自然保護連合(IUCN)の専門家2氏が14日、空路徳之島入りした。両氏は島内の推薦区 […]

保岡興治氏引退、奄美にも衝撃

 自民党奄美振興特別委員会委員長も務める保岡興治元法相の政界からの引退表明は、奄美にも衝撃が走った。1972年の衆院選奄美群島区での初当選以来、13回の当選を果たし、選挙区を鹿児島1区に移した後も奄美の声を国政に届け続け […]

保岡元法相、出馬取りやめ引退

 【鹿児島総局】自民党憲法改正推進本部長で党奄美振興特別委員会委員長の保岡興治元法相(78)=衆院鹿児島1区=が8日、鹿児島市で記者会見し、衆院選に立候補しない考えを表明した。健康上の問題を引退の理由に挙げ、「憲法改正を […]

航空路運賃軽減など評価/奄振アンケート調査

 県は6日、2018年度末で期限切れとなる奄美群島振興開発特別措置法(奄振法)の延長へ向けた奄美群島振興開発総合調査の一環で実施したアンケート調査報告書を発表した。「島のイメージが良くなっている」との回答が6割を超えたほ […]

放射性廃棄物「ノー」/大和村議会、条例を制定

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の候補地に国が奄美大島を盛り込んだことを受け、大和村議会は4日に開いた9月定例会最終本会議で、村放射性廃棄物等の持ち込み拒否に関する条例制定を可決した。  核のご […]