全体構想、環境省が認定/奄美エコツーリズム推進

 奄美群島12市町村のエコツーリズム推進全体構想が14日までに環境省などの認定を受けた。エコツーリズム法に基づく策定で、認定を受けたことで地域のブランド力向上が期待される。構想を策定した奄美群島エコツーリズム推進協議会は […]

世界遺産登録に重点配分/県17年度当初予算

 県は10日、2017年度当初予算案を発表した。奄美関係では、予算を重点配分する目玉事業に18年夏の実現を目指す奄美大島と徳之島の世界自然遺産登録関連2事業が新たに盛り込まれたほか、奄美群島を含む県内離島の部活動生徒(中 […]

野生生物保護対策協、徳之島地区で会合

 奄美群島希少野生生物保護対策協議会(会長・長田啓県自然保護課長)の徳之島地区の会合が9日、徳之島町の県大島支庁徳之島事務所であった。国の特別天然記念物アマミノクロウサギによるサトウキビなど農作物の食害について、島内で実 […]

交流館に常設カフェ提案/瀬戸内町あり方検討委

 世界自然遺産登録を見据え、瀬戸内町の加計呂麻島展示・体験交流館、せとうち海の駅両施設の効果的な活用方法を考える「あり方検討委員会」(委員長・大江英夫九州産業大学特任教授、委員9人)は8日、鎌田愛人町長へ提言書を提出した […]

奄振審議会委員、地元首長らと意見交換

 奄美群島振興開発審議会(会長・原口泉志學館大学教授、委員11人)の委員と奄美大島5市町村の首長らとの意見交換会が1日、奄美市名瀬の集宴会施設であった。2018年度末で期限切れを迎える奄美群島振興開発特別措置法(奄振法) […]

世界自然遺産へ地域連絡会議

 2018年夏の登録を目指す「奄美・琉球」の世界自然遺産について、関係行政機関が自然保護の在り方を検討する地域連絡会議が27日、鹿児島市内のホテルで開かれた。環境保全と観光利用の両立に向け、具体策を盛り込んだ管理計画案を […]

「攻め」の総合戦略検証/奄美市

  産金学官の各分野の代表者らで構成する奄美市総合戦略会議(座長・勝眞一郎サイバー大学教授、委員16人)の2016年度第1回会合が26日、奄美市役所であった。「奄美市『攻め』の総合戦略」(15年度策定)などの取り組みを踏 […]

気持ち引き締め紬議会/奄美市

 ○…奄美市議会12月定例会の最終本会議は恒例の「紬議会」。議員や職員は泥染めや亀甲柄など、お気に入りの一着に身を包んで質疑応答。議場はシックで落ち着いた雰囲気に包まれた。  ○…市議会は旧名瀬市時代の1977年、最終本 […]