三反園知事の休業要請に奄美の反応

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて三反園訓県知事は24日、休業や営業時間の短縮を要請する99業種を発表した。対象となった奄美の事業者からは「厳しい経営の中、休業は苦渋の対応」との声も聞かれたが、大型連休中の感染防止に […]

「おうちで博物館」スタート 奄美博物館

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため休館している奄美博物館(高梨修館長)は20日、会員制交流サイト(SNS)を活用した「おうちで博物館」の配信を始めた。パソコンやスマートフォンを通して博物館が所蔵する文化資料、奄美の自 […]

救命率向上へPA連携開始 名瀬消防署

 奄美市の大島地区消防組合名瀬消防署(圓博志署長)は今月1日から、救命率向上を目的に消防隊が救急隊の活動を支援する「PA連携」を運用している。救急車と消防ポンプ車が同時に緊急走行するため、同署は「火災に限らず、救急現場に […]

県、連休の移動自粛で協力要請

 県の新型コロナウイルス感染症対策本部は21日、鹿児島市の県庁で会議を開き、同感染症の発生状況や、政府の緊急事態宣言の拡大に伴う県の対応などを確認した。本部長の三反園訓知事は、ゴールデンウイーク期間中の人々の行動が行方を […]

奄美大島5首長が緊急共同メッセージ

 奄美大島で初の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受けて島内5市町村の首長は18日、緊急共同メッセージを発信した。島外在住者や島民に対して不要不急の帰省や旅行を極力避けるよう求めるとともに、必要最小限の活動を除き […]

窓口にビニールカーテン 奄美市役所

 新型コロナウイルス感染症の防止策として奄美市は17日、名瀬総合支所2階フロアの対応窓口に透明のビニールカーテンを設置した。週明けの20日から本格運用する。    来庁者が多い窓口フロアの飛沫(ひまつ)感染防止 […]

徳之島空港でもサーモ設置

 県は新型コロナウイルス感染症対策の一環で17日、徳之島空港(天城町)に体の表面温度を測るサーモグラフィーの運用を開始した。県と天城町の職員が3人体制でチェックし、体温が高いとみられる到着客に再度検温を行い、保健所などの […]

沖永良部島全世帯へマスク配布

 沖永良部島の和泊、知名両町は14日、各町内全世帯へマスク配布を始めた。新型コロナウイルス感染症予防策の一環で、和泊町は予備も含め約4万枚、知名町は約2万6千枚を各それぞれ区長会を通じて配布する。和泊町は同日、役場駐車場 […]

龍郷町、防災無線で島口ラジオ体操

 龍郷町は1日から、新型コロナウイルスの感染防止により自宅で過ごす高齢者らに少しでも体を動かしてもらおうと、防災行政無線で島口(方言)ラジオ体操の曲を流している。町役場の担当者は「運動不足やストレスの解消になれば」として […]