県特定離島事業で瀬戸内町の救急艇おおとり更新へ

 県は29日、県内で特に自然条件などが厳しい離島を対象にした特定離島ふるさとおこし事業の2019年度主要メニューを発表した。奄美群島では瀬戸内町が対象で、同町の救急艇「おおとり」(19トン)更新事業や加計呂麻島諸鈍のデイ […]

県議選が告示 4月7日投票

 任期満了に伴う県議会議員選挙は29日告示され、9日間にわたる選挙戦がスタートした。奄美市区(定数2)は自民党公認で現職の永井章義氏(62)と向井俊夫氏(69)=届け出順=以外に届け出がなく、無投票で両氏の再選が決まった […]

改正奄振法が成立、参院本会議

 2019年3月末で期限切れとなる奄美群島振興開発特別措置法の一部を改正する法律が29日、参院本会議で可決され、成立した。奄振法は24年度まで5年間延長された。奄振交付金の拡充・強化を柱に▽地域の特性に応じた成長戦略の加 […]

「生きる」を支える奄美市に 自殺対策計画を策定

 奄美市自殺対策推進本部(本部長・朝山毅市長)は25日、市役所で会議を開き、自殺対策計画(2019~23年度)を策定した。人口10万人当たりの自殺死亡率の目標値は、国の指針に照らして26年に「17・8人」と設定。全庁体制 […]

「鹿児島のウェルネス」ロゴマーク決定

 鹿児島県の観光などをアピールする地域資源のシンボルとして県が公募した「鹿児島のウェルネス」ロゴマークがこのほど決まり、桜島と錦江湾をベースにした鹿児島市の会社員、平山陽一さん(56)のデザインを採用した。県は民間の商品 […]

奄美市と大島拘置支所が災害時避難所提供で協定

 奄美市と鹿児島刑務所大島拘置支所(同市名瀬、邊野喜有信所長)は22日、災害時に支所施設の一部を周辺住民の避難所とする協定を締結した。法務省矯正局福岡矯正管区によると、九州地方で地元自治体と災害協定を結んだ法務省管轄の刑 […]

名瀬港マリンタウン3区画売却へ

 奄美市開発公社(理事長・朝山毅奄美市長)は22日、同市名瀬の奄美文化センターで理事会を開き、2019年度事業計画と予算を承認した。名瀬港本港地区公有水面埋め立て事業が行われているマリンタウン地区は、観光関連、娯楽・サー […]

電子表決導入へ 奄美市議会

 奄美市議会は6月定例会から、これまで起立や投票(記名、無記名)で行ってきた議案採決に電子表決システムを導入する。議員は議席に設置された投票機のボタンを押すことで賛否の意思を表明できる。奄美では初。    新庁 […]

沖永良部与論広域事務組合が解散の危機

 和泊、知名、与論の3町で構成する沖永良部与論地区広域事務組合(管理者・今井力夫知名町長)が解散の危機に直面している。同事務組合は消防と介護保険の業務を共同処理しているが、消防予算の各町負担額を巡って、以前から沖永良部2 […]