奄美の首長ら、来島自粛など呼び掛け

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の緊急事態宣言を受け、奄美群島の首長らは来島者向けに来島や外出自粛などを呼び掛けるメッセージを次々と発信している。いずれも過度な制限を求める内容ではないが、医療体制に限りのある外海離島 […]

和泊町、全世帯にマスク配布へ

 和泊町は6日付で、住民へのマスク配布などを盛り込んだ2020年度一般会計補正予算(第1号)を専決処分した。1日に町内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受けたもので、マスクは住民1人当たり5枚ほどを配布する予 […]

5市町村の連絡会議発足 奄美大島

  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う安倍晋三首相の緊急事態宣言を受けて奄美市は7日、朝山毅市長を本部長とする新型コロナウイルス感染症対策本部を設置した。朝山本部長は市民に向けて「冷静な対応が健康と命を守ることにつながる […]

症状に応じた体制構築へ 鹿児島県、感染者増見据え

 県は6日、新型コロナウイルス感染症調整本部(本部長・地頭所恵県くらし保健福祉部長)の初会合を鹿児島市の県庁で開いた。感染者の大幅増に備え、関係機関が連携して病床の確保や感染者の受け入れ、搬送体制の調整を図る。会合では重 […]

コロナ感染確認で沖永良部現地対策会議

 1日に沖永良部島で初の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受けて、和泊、知名の両町や関係機関は3日、感染症危機管理沖永良部現地対策協議会(会長、伊地知実利和泊町長)を設置し、和泊町役場で初会合を開いた。感染が疑わ […]

奄美市新型コロナ対策会議が発足

 3月26日に県内で新型コロナウイルスによる感染事例が初確認されたことを受けて奄美市は3日、感染症対策会議を発足し、市役所会議室で初会合を開いた。小・中学校は新学期の始まる6日から通常登校とする。朝山毅市長は市民に向けた […]

残り5人も陰性 沖永良部島の濃厚接触者

 新型コロナウイルスの感染が確認された和泊町の20代男性の濃厚接触者について、県は3日、沖永良部島在住の残り5人の検査結果はいずれも陰性だったと発表した。2日に判明した12人と合わせ、県内にいる17人全員が陰性と判明し、 […]

障がいへの理解促す展示開始 奄美市役所

 国連が定める「世界自閉症啓発デー」の2日、奄美市役所で自閉症など発達障がいへの理解を促す展示が始まった。日本が定める「発達障害啓発週間」(2~8日)の間、各種障がいの特徴や支援策などを紹介する。    自閉症 […]