和泊町新庁舎本体工事が完了

 今年1月に着工した和泊町新庁舎の本体工事が24日までに完了した。25日に施工業者から町へ新庁舎の引き渡しが行われ、同日から職員による引っ越し作業が進められている。新庁舎での業務は年明け1月4日に開始する。   […]

地域振興で取組方針案を提示   奄美地域懇談会

 奄美地域振興の取り組み方針作成に向けた懇談会(座長・松本俊一県大島支庁長、委員13人)が21日、奄美市名瀬の大島支庁であり、大島支庁作成の方針案が示された。委員から、奄美大島と徳之島の世界自然遺産登録に向けた自然保護と […]

奄振234億円 前年度比10%増 おがみ山バイパス用地交渉費計上 交付金に雇用支援事業 政府19年度予算案

 【東京支社】政府は21日、2019年度予算案を閣議決定した。このうち18年度末で期限切れとなる奄美群島振興開発特別措置法(奄振法)の延長を前提とした奄美群島振興開発事業関係(国土交通省一括計上分)は公共、非公共合わせて […]

予算増額確保の見通し 19年度奄振事業

 自民党の奄美振興特別委員会(尾辻秀久委員長、金子万寿夫事務局長)が19日、同党本部であった。2019年度奄美群島振興開発事業関係予算(国土交通省一括計上分)が、本年度を上回る額を確保できる見通しであることが分かった。政 […]

外来種対策へ条例骨子案 鹿児島県

 県は外来種対策の方向性を示す条例の骨子案をまとめた。県が指定する外来動植物の取り扱いを規制し、県民の責務を明らかにして生態系への被害を防ぐのが狙いだ。県議会3月定例会に条例を提案し、本年度中の制定を目指している。 &n […]

空き家対策へ初の政策提言 奄美市議会

 奄美市議会(師玉敏代議長)は6日、早期の空き家問題解決を求める政策提言書を朝山毅市長に手渡した。本年度発足した政策立案推進会議(竹山耕平座長、委員7人)による初の提言。地域の実情に応じた条例制定や除却費用補助など11項 […]

予定地で庁舎の起工式  与論町

 旧庁舎の老朽化に伴う新庁舎建設事業を進めている与論町は4日、茶花の建設予定地で起工式を開いた。町、議会、施工事業者ら約80人が出席し、来年11月末の完成に向けて工事の安全を祈願した。新庁舎での業務開始は2020年1月を […]