瀬戸内町長、町議W選告示

 任期満了に伴う瀬戸内町長選挙と町議会議員補欠選挙は9日告示され、選挙戦に入った。町長選は新人で前町議の鎌田愛人氏(51)=清水、無所属=と現職で3選を狙う房克臣氏(62)=古仁屋、無所属=の一騎打ちとなった。町議補選は […]

市制10周年で懸垂幕/奄美市役所と2総合支所

 奄美市の市制施行10周年の節目を市内全体で盛り上げようと、同市は3日から奄美市名瀬の名瀬総合支所と住用、笠利両総合支所に懸垂幕を設置している。  同市は2006年3月20日に3市町村(名瀬市、住用村、笠利町)が合併。本 […]

与論町長選は9月1日告示、6日投開票

 与論町選挙管理委員会(瀧正夫委員長)はこのほど、9月24日の任期満了に伴う町長選挙の日程を9月1日告示、6日投開票と決めた。 立候補の届け出は9月1日午前8時半から午後5時まで、町役場で受け付ける予定。投票は町内3カ所 […]

内氏が出馬表明、徳之島町長選

   元徳之島町議の内重男氏(69)=徳之島町亀津=は1日、任期満了に伴う同町長選(7月7日告示、同12日投開票)に立候補することを表明した。町長選には現職の高岡秀規氏(55)が町議会3月定例会で立候補を表明しており、現 […]

県と市、大和村が合同防災点検

 県大島支庁と奄美市、大和村は25日、梅雨期に合わせて合同防災点検を実施し、2市村で進められている災害対策工事現場3カ所を視察した。奄美署と大島地区消防組合、名瀬測候所、奄美市議会を含め約50人が参加。事業の早期完了の必 […]

砂防ダム整備大詰め―奄美大島

 2010年10月の奄美豪雨災害を契機に進んだ奄美大島の砂防事業が大詰めを迎えている。県大島支庁建設課によると、災害後に計画した砂防ダム14カ所のうち9カ所の整備を終了。残り5カ所は本年度中の完工を見込んでいる。10年度 […]

土砂災害警戒情報 運用変更から1カ月

 名瀬測候所防災気象連絡会の2015年度総会が22日、奄美市名瀬のAⅰAⅰひろばであった。土砂災害警戒情報は気象庁と都道府県が共同で発表する。鹿児島地方気象台と鹿児島県は全国に先駆けて2005年から、大雨による土砂災害の […]

3町用水路へ通水試験/徳之島ダム

 国営徳之島用水土地改良事業は2015年度、試験湛水(たんすい)を終えた徳之島ダム(有効貯水量730万㌧)の運用が始まった。ダム周辺の基幹水利施設の送水路を皮切りに、島内3町の用水路で19日から、通水試験を実施する。各ほ […]

県民連合が住用町市採石場視察

 鹿児島県議会の社民、無所属議員でつくる県民連合(柳誠子会長)は18日、大雨に伴い土砂流出が発生している奄美市住用町市集落の採石場などを視察し、住民らと意見交換を行った。柳会長によると、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市) […]

奄美市で「辺野古阻止」全国集会開催へ

 沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場代替基地建設に絡み、沖縄防衛局が奄美大島と徳之島で埋め立てに使用する土砂採取を計画している問題で、伊藤祐一郎鹿児島県知事に「搬出中止」などを申し入れている「自然と文化を守る奄美会議 […]