唯一の6年生、美咲さん卒業/知名町・住吉小

 知名町立住吉小(脇田幸治校長、児童41人)では唯一の6年生、川畑美咲さんが巣立った。卒業式は第118回で、校区住民によると卒業生1人は初めて。住民、来賓含め約120人の前で美咲さんは「校庭のガジュマルのように強くたくま […]

天城町「戸森の線刻画」県文化財指定へ

 県文化財保護審議会(原口泉会長)は22日、天城町瀬滝の史跡「戸森の線刻画」など5件を県の文化財に指定するよう県教育委員会に答申した。線刻画は近代以前の徳之島の歴史を知る遺跡として学術的な価値が評価された。戸森の線刻画は […]

カレドニアンスカイ古仁屋に寄港

 バハマ船籍の客船「カレドニアンスカイ」(4280㌧、乗客定数114人)が22日、瀬戸内町の古仁屋港に初めて寄港した。フィリピンを出港し、沖縄や屋久島などを巡る10日間のツアーの一環で約100人が来島。バスツアーで奄美の […]

「悠久のきょらじま」でシンポ  大和村国直

 シンポジウム「悠久のきょらじま(美しい古里)づくり」が19日、大和村の国直公民館であった。奄美大島で地域おこしに取り組む3氏のパネルディスカッションがあり、地域に残る伝統文化、風習、景観の価値の再考や集落の目指す将来像 […]

不戦の思い後世に/「対馬丸」慰霊碑完成

   太平洋戦争中の1944年8月22日、トカラ列島の悪石島付近で米潜水艦に撃沈され、子どもを含むおよそ1500人の尊い命が犠牲となった学童疎開船「対馬丸」の慰霊碑が宇検村宇検の船越(フノシ)海岸に完成し19日 […]

4月再開へ準備着々  池地小学校

 4月に休校から再開する瀬戸内町請島の池地小学校で、受け入れ準備が進んでいる。19日は校区の池地・請阿室住民や島外在住の出身者、町役場職員らが駆け付け、校庭の整備や校舎内の清掃に汗を流した。池地集落の勝哲弘区長(75)は […]

国立公園指定後、初の3連休

  奄美群島国立公園が誕生して初めての3連休を迎えた18日、群島内の山や森では自然散策を楽しむ観光客や地元住民の姿が見られた。奄美市名瀬の金作原原生林を訪れたツアー客らは、最短で2018年夏の世界自然遺産登録を目指す奄美 […]

対馬丸遺族団 仮埋葬地巡り供養/奄美大島

 1944年8月、米潜水艦の魚雷攻撃を受け撃沈し、約1500人が犠牲となった学童疎開船「対馬丸」の遺族団が18日、奄 美大島入りした。この日は多くの遺体が漂着した大和、宇検両村の海岸を回り、犠牲者を供養。19日は宇検村の […]

岩崎氏がトーク術紹介 アイズ・カンパニー講演会

   ㈱アイズ・カンパニー(園田明代表、本社・奄美市名瀬)の創業10周年記念講演会が18日、龍郷町りゅうゆう館であった。一般財団法人日本ペップトーク普及協会の岩崎由純代表理事を講師に招き、約150人が聴講。岩崎氏が人を勇 […]

島の魅力確認/沖永良部高、郷土学習発表

 県立沖永良部高校(土持正三校長)の1年生93人による「総合的学習の時間」発表会が16日、同校武道館であった。共通テーマは「沖永良部島」。学科・学級を横断して組んだ八つのグループがそれぞれの学習成果を披露して、沖永良部の […]