金属片などの回収物公開 喜界町

 喜界町で戦時中の不発弾が原因とみられる爆発から一夜明けた19日、奄美署喜界幹部派出所は現場から回収した金属片2個を報道関係者に公開した。不発弾以外の爆発物の可能性も含め、自衛隊の不発弾処理隊が26日に現地入りして本格的 […]

再稼働まで最長1カ月 台風被害のクリーンセンター ごみ減量・分別で協力呼び掛け 喜界町

 台風24号の影響で建物の外壁などが壊れ、ごみ処理ができない状況が続いている喜界町クリーンセンター(同町湾)の再稼働が最長で1カ月後になることが19日、町側への取材で分かった。センターを管理する町住民課は「できるだけ早期 […]

中部奄美会4年ぶり徳之島来島

 フジドリームエアラインズ(FDA、本社・静岡市)のチャーター機が18日、徳之島空港に飛来した。愛知県の県営名古屋空港発で、乗客は中部奄美会(谷山政弘会長)の会員らツアー客47人。徳之島空港で歓迎セレモニーがあり、徳之島 […]

白昼に不発弾が爆発か 喜界町

 喜界町で18日、太平洋戦争時の不発弾のものとみられる爆発が発生し、同町湾の厚生三さん(67)所有の倉庫1棟が半壊する被害が出た。県警や自衛隊などが19日以降、不発弾以外の爆発物の可能性も含めて原因を調査する方針。爆発現 […]

鍾乳洞生かした観光など議論 知名町でサミット開催

 鍾乳洞の保存と魅力発信などを目的とした第31回日本鍾乳洞サミット(日本観光鍾乳洞協会主催)が18日、知名町のフローラル館であった。同町を含め観光鍾乳洞がある全国9市町村から50人余が参加。鍾乳洞を生かした観光振興や、次 […]

名瀬港の倒壊灯台、固定ボルトを一部回収

 第十管区海上保安本部は18日、台風24号通過後に消失した名瀬港西防波堤灯台について、灯台と基礎を固定するボルトを一部回収したと発表した。ボルトはいずれも破断しており、奄美海上保安部は「ボルトが腐食し破断したのが倒壊の原 […]

実久三次郎神社大祭 2年ぶり棒踊り奉納

 瀬戸内町加計呂麻島の実久集落(安田則夫区長、12世帯17人)で旧暦9月9日の17日、実久三次郎神社大祭があり、伝統の棒踊りを奉納した。敬老会を兼ねた祭りには、多くの地域住民や観光客が訪れ、島唄や踊りの余興でにぎわった。 […]