観光カリスマが龍郷町で講演

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の放送決定や奄美群島の世界自然遺産登録に向けた動きを受け、地域づくりの在り方を考える講演会が19日、龍郷町役場会議室であった。観光庁認定の「観光カリスマ」山田桂一郎さんが講演。ブーム […]

学校生活に期待膨らむ/新一年生と保護者のつどい

 第43回新一年生と保護者のつどい(南海日日新聞社主催、奄美市教育委員会後援)が19日、奄美市名瀬の朝日小学校体育館であった。今春、小学校へ入学予定の幼児160人と保護者らが交通講話や読み聞かせ、運動などを楽しみ、4月か […]

清掃大作戦に350人/徳之島で世界遺産企画

 徳之島3町の町道などで19日、約350人が参加した大規模な清掃活動が行われた。春季合宿のため来島した明治大学体育会ローバースカウト部とNPO法人徳之島虹の会が世界自然遺産登録に向けた普及啓発活動の一環で企画。参加者らは […]

沖永良部高3年向けガイダンス

 沖永良部島出身者が全国各地で組織する「沖洲会」のガイダンスが16日、県立沖永良部高校3年生94人を対象に同校であった。沖洲会は全国10組織(東京、千葉、愛知、大阪、尼崎、神戸、岡山、鹿児島、奄美、沖縄)。故郷の後輩支援 […]

約800人来場し地区生涯学習大会・広域文化祭

 大島地区の第16回生涯学習推進大会と第19回広域文化祭が18日、瀬戸内町の清水公園総合体育館であり、シンポジウムや講演会、舞台発表などさまざまな催しが行われた。シンポジウムでは青少年の健全育成や自治活動の事例発表を行い […]

与論町多目的運動広場に人工芝サッカー場完成

 与論町の高台に緑濃い広場が出現している。町が整備を進める多目的運動広場のメーン施設人工芝サッカーコートだ。人工芝敷設面積8165平方㍍。ラインも引かれ、開場を待っている。多目的運動広場は総面積3万4千平方㍍。2016年 […]

島一番コンテスト始まる   奄美群島

 奄美群島広域事務組合と奄美群島観光物産協会は13日、喜界島を皮切りに「あまみ島一番コンテスト」をスタートさせた。テーマ、総合の2部門に群島内28業者が60品を出品予定。各島「一押し」の特産品づくりを競う。

与路島石垣修復記念碑を建立

 瀬戸内町・与路島の与路珊瑚石垣保護組合(組合員24人)はこのほど、集落公民館前に「珊瑚石垣修復記念碑」を建立した。事業の完成を祝して集落の繁栄を願い、協力団体・個人への感謝を表した。福島勇組合長(82)は「先人が築いた […]

紬原図コン134点を審査

 第29回本場奄美大島紬原図コンテスト(奄美群島地域産業振興基金協会主催)の作品審査会が16日、奄美市名瀬の本場奄美大島紬会館であった。全国から前年より10点多い17人計134点の応募があり、製造業者や図案師ら7人が審査 […]

文化財連絡協が研修会  大和村

 奄美群島文化財保護対策連絡協議会担当者研修会が16日、大和村防災センターであった。環境省奄美野生生物保護センター上席自然保護官の鈴木祥之さんが「奄美群島国立公園の指定と遺産登録」と題して講話。群島国立公園の特徴や保護規 […]