沖永良部海人まつり、多くの人でにぎわい

 第22回海人まつり(沖永良部島漁業協同組合主催)は19日、和泊町の同漁協であった。島の新鮮な魚や加工品の販売、マリンスポーツ体験などがあり、激しい雨の中、多くの来場者でにぎわった。午前11時から神事を執り行い、漁の安全 […]

シマグワ海外販路拡大へ

 シマグワの生産、加工販売を進めている沖永良部健康食品開発研究会(脇田清一郎代表)はこのほど、海外向けのラベルを作成し、出荷を始めた。取引業者を通じ、イスラム教の戒律に従って製造・加工された商品であることを証する「ハラー […]

直売所ラリー観光客にも好評

 奄美大島と喜界島の地場産品直売所15店舗が参加する「しま ま~さんもん応援団 奄美を丸ごと食べよう!奄美大島・喜界島 直売所スタンプラリー2015」(実行委主催)が18日、始まった。参加店舗を巡りながらスタンプを集める […]

今年も「夏のふるさと便」

 奄美市住用町の㈲「サン奄美」(師玉洋子代表)と、同市笠利町の女性起業グループ「味の郷 かさり」(吉田茂子代表)は18日までに、地場産品を使った加工品詰め合わせセット「夏のふるさと便」の受け付けを始めた。夏の中元商戦に合 […]

シマ博きょうスタート

  奄美群島で開催される体験型観光イベント「あまみシマ博覧会2015夏」が18日、始まる。奄美の自然・文化体験を楽しめる93のプログラムを用意。17日は群島各地の空港でオープニングセレモニーがあり、来島者にイベ […]

和泊中、「読書活動」で文科大臣表彰

 2015年度「子どもの読書活動」優秀実践校・文部科学大臣表彰を受賞した和泊町立和泊中学校(畑光洋校長、189人)への賞状伝達式が17日、同校体育館であり、逆瀬川勝久教育長から畑校長に賞状が手渡された。畑校長は「長年にわ […]

元明盛さん戦中を詳細記述

 戦後70年。戦争体験を語り継ぐ人が少なくなる中、戦前から戦後までの様子を手書きで通算600㌻にも及ぶ手記を残した人がいる。天城町浅間出身の元明盛さん(享年78)は、陸軍兵として満州や台湾、フィリピンなどに渡り、終戦前は […]

奄美、ようやく梅雨明け

 鹿児島地方気象台は15日午後、奄美地方が梅雨明けしたとみられると発表した。昨年より11日、平年より16日遅く、1983年、2010年と並んで統計開始(1951年)以降で最も遅い。梅雨入りは平年より8日遅い5月19日で、 […]

「魔女便」夏ギフト発送へ

 奄美市の女性起業グループ5団体は15日、島の味を詰め込んだお中元セット「魔女便」の販売を開始する。5団体の商品から厳選した10点セット。5団体を束ねる「魔女っ娘あまみ」の平田暉子会長は「島らしさにこだわった品々。出身者 […]

北海道で「えらぶゆり」PR

 【沖永良部総局】花の魅力を生かしたまちづくりを進める全国9市町で構成する「フラワー都市交流連絡協議会」の2015年度総会が5~6日、北海道・中富良野町で開催された。奄美で唯一加盟している和泊町は、伊地知実利町長をはじめ […]