大和村で炊き出し研修

 大和村赤十字奉仕団(三田富喜子委員長)の研修会が11日、同村体育館であった。団員を含め、村内の小学生から高齢者まで約100人が参加。炊き出しや心肺蘇生法の実習を交え、災害への備えを確認した。研修会は、災害時など有事への […]

与論島が「百合ヶ浜」で人気急上昇

 ヨロン観光が再び脚光を集めそうな気配だ。干潮時にのみ姿を現す「百合ヶ浜」を中心に、与論島を取り上げる雑誌やテレビ番組が増え、宿泊や挙式予約も好調。減少傾向にあった入込客数も6万人を超す勢いだという。ヨロン島観光協会の担 […]

陸自部隊の瀬戸内町駐屯地/本年度中に地形測量

 防衛省が奄美大島への配備を計画している陸上自衛隊警備部隊について、瀬戸内町節子地区の駐屯地配置案が9日までに明らかになった。町総務課によると、敷地面積は28㌶を見込み、①貯蔵庫②整備③訓練④勤務・生活―の4エリアに分け […]

毒グモ、天城町で発見/ハイイロゴケグモに注意

 天城町で9日、特定外来生物に指定されている毒グモのハイイロゴケグモの雌1匹と卵のう2個が見つかった。徳之島での確認は2001年、13年に続いて3例目。人がかまれると腫れやかぶれなどの症状が出て、幼児や高齢者は重症化する […]

ハンセン病連絡協が奄美で総会

 全国ハンセン病療養所所在市町連絡協議会(会長・渡部尚東京都東村山市長)の2015年度総会と意見交換会が9日、奄美市名瀬であった。本年度の事業計画などを決めたほか、国の施設として療養所の永久保存・活用や、各施設での人権擁 […]

◎「生まれ島」が世界遺産に

 明治日本の産業革命遺産が世界文化遺産に登録されることが決まったことを心から喜んでいる人が奄美にもいる。「軍艦島」(長崎県端島)で生まれ、幼い頃を過ごした益田保雄さん(63)=奄美市名瀬平田町、元大島地区消防組合=がその […]

空き家バンク導入へ/奄美市

 奄美市と公益社団法人鹿児島県宅地建物取引業協会(本村満彰会長)は8日、空き家等の媒介に関する協定を締結した。地方創生の一環として「空き家バンク制度」を新たに導入。空き家の利用者に対しては助成金を支給し、8月から募集する […]

身近な自然を体感

 天城町の西阿木名小学校と同校三京分校の児童らは8日、同町の三京川で観察会を行った。箱メガネを使って川の中に生息する小さな魚やエビなどを確認し、身近にある豊かな自然を体感した。

力を合わせ稲刈り/大城小

  和泊町立大城小学校(熊野賢一校長、児童45人)で7日、稲刈りがあった。全校児童と教職員、保護者約80人が参加。おいしい餅が食べられるのを楽しみに、力を合わせて稲を刈った。  

カムィヤキ壺形陶器を奄美博物館に寄贈

 奄美市立奄美博物館にこのほど、奄美市住用町で出土したカムィヤキ壺形陶器1点が寄贈された。寄贈したのは同市住用町の吉村裕一さん(27)。父裕之さん(故人)が1983年ごろ住用町川内集落で工事作業中に発見した。破損・欠落が […]