デュエットゥがコンサート/徳之島

 全国で音楽活動を展開するピアノデュオ「デュエットゥ」のコンサートが13日、伊仙町の鹿浦小学校音楽室であった。1台のグランドピアノを2人で奏でる息の合った連弾で会場の児童や保護者、地域住民らを魅了。同日は徳之島町の花徳小 […]

ミカンコミバエ きょう根絶宣言へ

 「第4回ミカンコミバエ種群防除対策検討会議」が13日、農林水産省であり、奄美大島(加計呂麻、請、与路の各島含む)で昨年12月13日から実施されてきた植物防疫法に基づく「緊急防除」の解除が妥当との結論を出した。これにより […]

密漁禁止の看板設置 笠利地区漁業集落

 笠利地区漁業集落(石川伸二代表、65人)は11日から12日にかけて、奄美市笠利地区の海岸沿いに密漁禁止を啓発する立て看板を設置した。禁漁期間が設定されている魚種を列記し、未然防止を訴えている。

大学生が農業体験/徳之島

  武蔵野大学(本部・東京都江東区)の学生が農業実習などに取り組む「徳之島プロジェクト」が徳之島町で始まっている。9月中旬までの約2カ月間、学生59人が6班に分かれて来島し、農業を体験して島の魅力を発信する。

重さんリハビリ兼ね古仁屋郵便局で個展

 病後のリハビリを兼ねて絵画や書道に取り組む奄美市名瀬の重博務さん(69)の個展が11日から、瀬戸内町の古仁屋郵便局ふれあいコーナーで開かれ、来場者の目を引いている。重さんは6年前に脳梗塞(こうそく)で倒れ、1年間ほど入 […]

海難救助で奄美海保と警察、消防ら協定

 奄美海上保安部(佐藤至部長)は12日、消防に関する業務協定と、水難事故の救助に関する覚書を奄美大島以北の消防、警察と締結した。関係機関の連携強化と、活動対象地域の拡大が図られ、災害対応の拡充につながると期待される。

瀬戸内町医療連携協、高齢者支援で資源マップ作り

 瀬戸内町の医療・介護連携推進協議会(会長・杉原雄治南大島診療所院長)の会合が11日、同町のすこやか福祉センターであった。医療、介護に携わる施設、行政職員など約30人が参加。資源マップ作りに向けて町の強み、弱みを話し合っ […]

夏植え、堆肥散布助成 沖永良部島

 沖永良部島で2017年産サトウキビとなる今期夏植えを対象にした堆肥散布助成事業が7月、始まった。15年産キビが平成入り後2番目の8万6613㌧の高水準となったことを受け、南栄糖業㈱(芋髙宗栄社長)が沖永良部さとうきび生 […]

沖永良部島 視覚障害者協設立へ

 「沖永良部視覚障害者協議会(仮称)」の設立準備会が11日、知名町余多の沖永良部リバイバルチャーチであった。島内の視覚障がい者と家族ら10人が出席し、情報交換。悩みなどを出し合い、協議会活動の方向性を探った。個々に悩みを […]

東京のフラ教室が加計呂麻合宿

 東京のフラ教室「フラ ハラウ ナプアオ カウアイ」(奈良岡潤子代表)の17人は7~10日、瀬戸内町の加計呂麻島で初の合宿を行った。西阿室八月踊り保存会(平岡和治会長)と交流。ハワイ伝統フラとの共通点を見いだし、島の自然 […]