沖永良部島 視覚障害者協設立へ

 「沖永良部視覚障害者協議会(仮称)」の設立準備会が11日、知名町余多の沖永良部リバイバルチャーチであった。島内の視覚障がい者と家族ら10人が出席し、情報交換。悩みなどを出し合い、協議会活動の方向性を探った。個々に悩みを […]

東京のフラ教室が加計呂麻合宿

 東京のフラ教室「フラ ハラウ ナプアオ カウアイ」(奈良岡潤子代表)の17人は7~10日、瀬戸内町の加計呂麻島で初の合宿を行った。西阿室八月踊り保存会(平岡和治会長)と交流。ハワイ伝統フラとの共通点を見いだし、島の自然 […]

ミカンコミバエ3世代相当期間、誘殺なし

 農林水産省植物防疫所は11日、果樹・果菜類の害虫ミカンコミバエの誘殺状況を発表した。緊急防除区域に指定されている奄美大島(加計呂麻島、与路島、請島含む)5市町村の5~11日の誘殺は確認されなかった。9日の時点で同省が緊 […]

市民後見人の育成推進

 奄美市の「2016年度市民後見人養成講座」開講式が9日、同市名瀬の奄美病院であった。本年度は基礎講座を43人が受講。認知症患者などの権利を守る成年後見制度について、実践講座を含めた48単位のカリキュラムが来年12月まで […]

手々小中の児童生徒が史跡巡り

 徳之島町の手々小中学校(平嶺寛晶校長)の児童生徒11人は9日、集落内の史跡などを巡る「手々あるき」を行った。地元ガイドを講師に、伝説の英雄ゆかりの地を訪ねて地域の歴史を学び、郷土の魅力を体感した。児童らは2016年度中 […]

ライフセーバー目指し訓練

 奄美ライフセービングクラブ(佐野常男代表)主催のライフセービング資格認定講習会が8日、奄美市笠利町などで始まった。4人が受講し、資格取得を目指し訓練に励んでいる。クラブの福沢正樹副代表(29)は「皆、意識が高く一生懸命 […]

宇検村商工会が着地型観光プログラム開発へ

 宇検村商工会(保池広和会長)の小規模事業者地域力活用新事業全国展開支援事業の推進委員会が8日、同商工会館2階会議室であった。村内外の専門家、各種産業、行政関係者ら17人が出席。保池会長を委員長とする11人を委員に委嘱し […]

奄美高校100周年記念焼酎の12ラベル発表

 創立100周年に向けて地元業者と黒糖焼酎の記念ボトル開発に取り組んでいる県立奄美高校(二石政彦校長)で8日、焼酎ラベルの中間発表会・プレゼンテーション会があった。情報処理科の3年生36人が「奄美の自然」や「母校の歴史」 […]

喜界島サンゴ礁研など過去150年の黒潮分析

 喜界島サンゴ礁科学研究所(喜界町)の山崎敦子所長らの研究グループは8日までに、造礁サンゴの成長過程から、過去150年間の黒潮の流量を解明したと発表した。流量の変化がエルニーニョ現象に影響されていることなど、黒潮と気象変 […]