きょうだい10人みな元気/徳之島町の福さん

徳之島町南原生まれの福さんきょうだい10人が7日、故郷に参集した。88歳から67歳までの男4人女6人で年齢合計786歳。子、孫、ひ孫を含め、笑顔あふれる福一族100人のにぎやかな親睦の集いに膨らんだ。 母校の尾母小中学校 […]

事故に備え救命法講習/スキューバダイビング安対協

 奄美群島地区スキューバダイビング安全対策協議会(中田留弘会長、43事業所)の安全講習会が9日、奄美市名瀬であった。会員らがAED(自動体外式除細動器)の取り扱いなどを受講し、事故発生時の迅速な対応を学んだ。 心肺蘇生法 […]

名瀬の歩み地図と写真で紹介

 奄美市名瀬の歩みを地図や写真でたどる企画展「名瀬街~地図と写真による移り変わり」が9日、奄美市名瀬の県立奄美図書館で始まった。明治から近年にかけた市街地の変遷を豊富な資料で伝える。初日から来館者が足を止め、ひとときの […]

甘い季節の香り漂う

 伊仙町犬田布の徳南製糖で8日、今期の黒砂糖製造がスタートした。原料は近くの農家から運ばれてきた手刈りのサトウキビで、その絞り汁だけを煮詰めて作る、こだわりの純黒糖。工程が進むと、甘い香りをまとった湯気が工場内に漂った。 […]

先人の苦労、水の大切さ知る

 知名町立下平川小学校(大迫弘樹校長)で8日、4年生18人を対象に沖永良部島の湧き水について学ぶ授業があった。鹿児島大学稲盛アカデミー特任講師の萩原豪さんを講師に、島民の生活を支えてきた水を大切にする心、水にまつわる言葉 […]

ありがとう東京―沖縄航路

 東京―志布志―名瀬―沖縄間を運航していたマルエーフェリー(本社・奄美市名瀬、有村和晃社長)は、那覇7日着の便を最後に旅客船の運航を休止した。同航路に就航していたクルーズフェリー「飛龍21」(9225㌧、旅客定員92人) […]

今年最後の「与論十五夜踊」

 旧暦10月15日に当たる6日、与論町の地主(とこぬし)神社境内で今年最後の「与論十五夜踊」が奉納された。一番組と二番組が交互に演目を繰り広げて島中安穏や無病息災を願った。踊りは1561(永禄4)年、当時の島領主が島内、 […]

シマグワ料理紹介も/知名町で「食の文化祭」

 第6回知名町・食の文化祭(町、JAあまみ知名事業本部主催)は6日、町フローラル館であった。「食育・地産地消で健康長寿の町づくり」をテーマに、講演や試食会、ミニ発表、展示販売などを繰り広げ、多くの町民が食への関心を深めた […]

伊仙町のコンビニに強盗

  【徳之島総局】5日午前3時ごろ、伊仙町伊仙のコンビニエンスストア「エブリワン伊仙店」で、男が30代のアルバイト店員を刃物のようなもので脅し、現金十数万円を奪って逃走した。当時店内に客はおらず、店員は一人で勤務していた […]

官民一体の取り組み誓う

 奄美群島更生保護制度施行60周年記念式典・祝賀会が5日、奄美市内のホテルであった。群島内の保護司や来賓など約120人が出席し、60年の歴史を振り返り、今後の更生保護活動に全力で取り組むことを誓い合った。式典に先立ち、更 […]