龍郷町「どぅくさ会」活動活発化

   地域の高齢者らが自ら企画し、生きがいや元気に暮らすきっかけづくりを見つけるサロン活動「どぅくさ(元気)会」が龍郷町で活発化している。同町中戸口集落(126世帯)は21日、集落公民館に集まった地域住民25人 […]

NYタイムズ記者が紬取材

 米国大手日刊紙「ニューヨーク・タイムズ」のマーティン・ファクラー東京支局長(48)が19日から21日までの3日間、奄美大島で大島紬を取材した。伝統工芸を支える職人技に触れ、「紬は美術品の域に達した奄美ならではの文化。外 […]

高規格救急車を寄贈/町田さん、名瀬消防署に

 大島地区消防組合名瀬消防署に20日、町田酒造株式会社の町田弘子代表取締役会長=鹿児島市=から高規格救急車1台が寄贈された。従来車両にはなかった携帯型人工呼吸器や超音波画像装置(エコー)を搭載し、迅速で切れ目のない救命体 […]

笠利が2年連続トップ/成人式の紬着用率

 本場奄美大島紬協同組合(山田伸一郎理事長)は20日、奄美群島14市町村・地区の2015年成人式紬着用率をまとめた。奄美全体の着用率は前年比2・0増の20・9%(男性25・6%、女性15・7%)。奄美市笠利地区は78・ […]

新成人 大島紬ストーリー②

◆奄美市住用町 ◎華やかでかわいい柄=小野胡桃さん 大阪でエステティシャンを目指す小野さんは、大輪の花のグラデーションが印象的な紬で出席しました。小さなころからファッションショーなどでモデルを務め、その都度、紬を作っても […]

新成人 大島紬ストーリー

2日から5日にかけて奄美14市町村・地区で成人式がありました。大島紬の産地として知られる奄美では、鮮やかな振り袖に交じってシックな紬姿も目立ちます。祖母や母から受け継いだきものに初めて袖を通す人、ファッション感覚で小物や […]

沖永良部で全島ヤッコ踊り大会

 【沖永良部総局】全島ヤッコ踊り大会(同実行委員会主催)は18日、和泊町民体育館であった。保存会などを結成し、踊りを伝承している和泊、知名両町計8集落9団体が出演。それぞれの特徴ある踊りを披露し、来場者を楽しませた。

喜界島で観光を語ろう会

   奄美の観光振興を目的にした県大島支庁主催の奄美力戦略会議「奄美(喜界島)の観光を語ろう会」が19日、喜界町役場であった。県、町の行政担当者や民間の観光、商工業関係者らが地域の現状や課題、今後の展望などで意 […]

奄美民謡大賞の予選始まる

 第36回奄美民謡大賞(南海日日新聞社など主催)の予選審査会が18日、徳之島会場を皮切りに始まった。予選は本選への出場を懸けて関東、関西を含め6会場で2月中旬まで行われ、少年から高年まで4部門に計208人がエントリーして […]

市田さん(すみよう漁業集落)が全国大会へ

 第61回県青年・女性漁業者活動実績発表大会は16日、鹿児島市のかごしま県民交流センターで開かれた。「すみようの地魚による特産品開発の取り組み~島の伝統を生かして浜に元気を」の題で発表した奄美漁業協同組合すみよう漁業集落 […]