豊年祭シーズンが到来

  宇検村の豊年祭が8日、屋鈍と久志の2集落を皮切りに始まった。屋鈍集落(東英和区長、27世帯49人)では午後2時、まわし姿の男衆による振り出しで幕開け。出身者や近隣集落の住民も多数集まり、集落対抗の奉納相撲や婦人会によ […]

クロウサギ事故防止へ看板設置

    NPO法人徳之島虹の会(行山武久理事長)は8日、徳之島町の林道などに国の特別天然記念物アマミノクロウサギの交通事故防止を啓発する看板を設置した。町内の児童生徒が作った標語を記載し、注意を呼び掛けている。 […]

薩摩スチューデントら伊藤知事に帰国報告

    薩摩藩が英国に留学生19人を派遣してから150周年に当たるのを記念した「薩摩スチューデント」派遣事業に参加した団員らが7日、鹿児島市の県庁を訪れ、伊藤祐一郎知事に帰国報告した。最年少で奄美から唯一派遣された奄美市 […]

ネット活用で牛分娩管理―与論町

 与論町那間で畜産業を営む上野寿介さん(73)、長男・博輝さん(43)は、牛の管理にインターネットを活用し効果を上げている。ネットワークカメラで、自宅のパソコンや携帯電話から出産を間近に控えた母牛の様子などを確認。分娩事 […]

武蔵野大、徳之島で就業体験

 武蔵野大学(本部・東京都江東区)の学生がインターンシップ(就業体験)を通して島の情報発信に取り組む「徳之島プロジェクト」が7日、徳之島町で始まった。同大学の学生63人がグループ別に来島し、9月中旬までの約1カ月間、農業 […]

徳之島でダイエットツアー報告会

 厚生労働省の宿泊型新保健指導施行事業の採択を受けて、伊仙町が6月に実施した「徳之島ダイエットアイランドツアー」の報告会が6日、同町のほーらい館会議室であった。ツアーによって生活習慣の改善などの効果がみられた一方で、参加 […]

空襲犠牲40柱の冥福祈る

 終戦直前の1945(昭和20)年8月6日、奄美市笠利町赤木名の防空壕が米軍機に爆撃され、住民40人が亡くなった悲劇から今年で70年。慰霊碑の立つ現地でこの日、2年ぶり5回目の合同慰霊祭が開かれた。遺族の高齢化が進む中、 […]

「対馬丸」生存者が洋上慰霊祭

 1944(昭和19)年8月に米軍潜水艦の魚雷攻撃で沈没した学童疎開船「対馬丸」の生存者の一人・上原清さん(81)=沖縄県うるま市在住=が、4日~7日の日程で奄美大島を訪れている。資料収集と慰霊祭を行う目的で、奄美訪問は […]

故郷に法律事務所開設

  鹿児島市で法律事務所を構える弁護士の吉田稔さん(57)が今月、故郷の天城町に徳之島支所を開設した。同島を拠点に、弁護士のいない沖永良部島、与論島からの相談にも応じる。吉田さんは「地元出身なので方言も分かる。島の役に立 […]

若者の視点で振興策提案

  早稲田大学と㈱ANA総合研究所(東京都)、奄美大島5市町村による産学官連携事業「早稲田大学プロフェッショナルズワークショップ」の現地調査が4日、始まった。同大学の学生ら調査員10人が奄美大島、加計呂麻島を巡り、奄美観 […]