奄美出身者ら「断食祈願」再現

 奄美の歴史や伝統文化の情報を発信しようと県本土在住の奄美出身者らで立ち上げたNPO法人「ほこらしゃの風」(義山昭夫代表)は3、4の両日、鹿児島市の共研公園で奄美群島の日本復帰運動の父・泉芳朗が復帰への願いを込めて断行し […]

シマの宝再発見/北高生が聞き書き

 地域の古老、名人から昔の様子や生活状況を聞き取り、文章にまとめようと、奄美市笠利町の県立大島北高校(飯伏良広校長、生徒117人)の「聞き書きサークル」が3日、取材活動をスタートさせた。1~3年生15人が3日間かけて赤木 […]

登喜君、少年の主張県大会で優良賞

 第37回「少年の主張」鹿児島県大会(県、県青少年育成県民会議、独立行政法人国立青少年教育振興機構主催)は3日、鹿児島市立河頭中学校で開かれた。愛好する百人一首を題材に「『昔』からつながる未来」と題し、奄美から唯一の出場 […]

毒グモ注意!奄美各地で確認

 特定外来生物に指定されている毒グモ・ハイイロゴケグモが先月から、奄美大島や徳之島で相次ぎ確認されている。かまれると腫れやかぶれの症状が出て、重症化する恐れもある。県や奄美野生生物保護センターは「各島に広く分布している可 […]

天城町与名間で「ふるさと探検隊」

 地域の農地や土地改良施設の機能強化や保全を目的にした「ふるさと探検隊」のワークショップが2日、天城町の与名間集落(前田とも子区長、約120世帯300人)であった。地域住民や行政関係者ら約80人が参加。集落を歩いて点検し […]

大島高生、海外大学院生と意見交換

 奄美市の県立大島高校(池田浩一校長、生徒745人)で2日、「オックスフォード×奄美 奄美市の課題・可能性を探る」と題した研究会があった。大島高校の生徒とイギリスのオックスフォード大学大学院に通う学生らが地域活性化や環境 […]

宇検村やけうちどんと祭 花火3千発

 第37回宇検村やけうちどんと祭(同実行委員会主催)の本祭が2日、湯湾港であった。名物の花火大会には村内外から大勢の見物客が詰め掛け、焼内湾を照らし夜空を彩る50分間の光のショーを堪能した。花火大会は午後8時10分にスタ […]

暑さ吹き飛ばせ!各地で夏祭り

 奄美群島は1日、奄美市名瀬と宇検、喜界、知名の4市町村で夏祭りがあり、2日にかけて前半のピークを迎えた。奄美市名瀬の奄美まつりは呼び物の舟こぎ競争があり、宇検村は連合青年団祭りで盛り上がった。喜界町はパレードや綱引き大 […]

太陽でおいしさ凝縮

 大和村で特産のスモモを使った加工品作りが本格化し、天日干しされた実が夏の強い日差しを浴びて真っ赤に輝いている=写真。まほろば大和生活研究グループ(泉美保子代表、8人)が同村大棚の農林水産物加工施設「大和まほろば館」で取 […]