ふるさと便受け付け開始

 お歳暮シーズンを迎え、奄美市笠利町の女性起業グループ・味の郷「かさり」(大山美智子代表、15人)は毎年恒例の「冬のふるさと便」の申し込み受け付けを25日から開始した。 今年は奄美の懐かしい味や香りを詰め込んだセット3種 […]

大和村で議会と語る会

 大和村議会(議員定数8人)の議員5人で構成する村議会基本条例特別委員会(池田幸一会長)は24日夜、大棚公民館で地域住民を交えた「議会と語る会」を開いた。同委員会は、日曜議会・夜間議会、議会報告会の開催や行政側の反問権導 […]

タンカー事故に迅速対処

 奄美大島北部排出油等防除協議会(会長・宮里一敏奄美海上保安部長)は25日、龍郷町の九州電力竜郷発電所桟橋で海上防災訓練を行った。昨年12月と今年5月、竜郷湾で石油タンカーの乗り揚げ事故が発生したことを受け、訓練はタンカ […]

与論町生涯学習フェア・文化祭開催

 与論町の第9回生涯学習フェア・第33回文化祭(与論町、与論町文化協会など主催)は22日、同町砂美地来館で開催された。約170人が来場。各種表彰や舞台発表などでこれまでの成果を評価、発表し、今後の学習への意欲を高めた。

子孫集まり黙とう 笠利町の防空壕跡

 戦時中の1945年8月、奄美市笠利町中金久の防空壕に米軍機が投じた爆弾が直撃し、壕内に避難していた老若男女40人全員が死亡するという出来事があった。死亡した一人の女性教師の遺族ら14人がこのほど全国から集まり、慰霊碑に […]

徳之島町で「食と農林漁業の祭典」

  徳之島町の「食と農林漁業の祭典」が22日、町総合食品加工センター「美農里(★みのり)館」であった。地場産野菜や魚介類の販売や、伝統料理の展示や昔ながらの菓子作り体験、マグロの解体ショーなど多彩なイベントが催され、多く […]

地域社会)口之津中2年生が与論に来島

 南島原市立口之津中学校2年生36人が19~20日、与論島に修学旅行で来島した。与論中学校(西哲也校長)2年生44人が、エイサーや三味線演奏で口之津の生徒を歓迎し、一緒に史跡などを巡って交流を広げた。両校の交流は、明治時 […]