ハンセン病連絡協が奄美で総会

 全国ハンセン病療養所所在市町連絡協議会(会長・渡部尚東京都東村山市長)の2015年度総会と意見交換会が9日、奄美市名瀬であった。本年度の事業計画などを決めたほか、国の施設として療養所の永久保存・活用や、各施設での人権擁 […]

◎「生まれ島」が世界遺産に

 明治日本の産業革命遺産が世界文化遺産に登録されることが決まったことを心から喜んでいる人が奄美にもいる。「軍艦島」(長崎県端島)で生まれ、幼い頃を過ごした益田保雄さん(63)=奄美市名瀬平田町、元大島地区消防組合=がその […]

空き家バンク導入へ/奄美市

 奄美市と公益社団法人鹿児島県宅地建物取引業協会(本村満彰会長)は8日、空き家等の媒介に関する協定を締結した。地方創生の一環として「空き家バンク制度」を新たに導入。空き家の利用者に対しては助成金を支給し、8月から募集する […]

身近な自然を体感

 天城町の西阿木名小学校と同校三京分校の児童らは8日、同町の三京川で観察会を行った。箱メガネを使って川の中に生息する小さな魚やエビなどを確認し、身近にある豊かな自然を体感した。

力を合わせ稲刈り/大城小

  和泊町立大城小学校(熊野賢一校長、児童45人)で7日、稲刈りがあった。全校児童と教職員、保護者約80人が参加。おいしい餅が食べられるのを楽しみに、力を合わせて稲を刈った。  

カムィヤキ壺形陶器を奄美博物館に寄贈

 奄美市立奄美博物館にこのほど、奄美市住用町で出土したカムィヤキ壺形陶器1点が寄贈された。寄贈したのは同市住用町の吉村裕一さん(27)。父裕之さん(故人)が1983年ごろ住用町川内集落で工事作業中に発見した。破損・欠落が […]

ウニ殻の不法投棄見つかる

 シラヒゲウニ漁が解禁され、ウニ採りの人々で海がにぎわう中、奄美市名瀬の大浜海浜公園で7日、ウニの殻が投棄されているのが見つかった。殻の投棄は法律違反で、摘発されれば罰則もある。採捕を許可する名瀬漁業協同組合(南信一郎組 […]

早急なノネコ対策を/野生生物保護対策協

 奄美群島野生生物保護対策協議会(事務局・県自然保護課)は6日、奄美市名瀬の県大島支庁で2015年度の初会合を開いた。希少植物の盗掘対策について情報集約を強化する方針で一致。野良猫の繁殖制限が目的の不妊化手術(TNR)は […]

神戸の男性、水死/徳之島トライアスロン

 5日午前8時20分ごろ、「トライアスロンin徳之島」に出場していた兵庫県神戸市、無職熊谷元孝さん(72)が、天城町のヨナマビーチ沖合約500㍍でスイム競技中におぼれた。熊谷さんは意識不明の重体で島内の病院に搬送されたが […]