被災地に鎮魂の祈り/阪神・淡路大震災20年

 【神戸市で亀山昌道】阪神・淡路大震災の発生から20年となった17日早朝、兵庫県内各地で追悼行事が催された。死者6434人、行方不明者3人。奄美関係者は142人が亡くなった。正午に100を超える寺院や教会が追悼の鐘を鳴ら […]

ヒシクイ、飛来 奄美大島

 国指定天然記念物のヒシクイが奄美大島に飛来し、畑地などで羽を休めながら栄養を補給している。ユーラシア大陸のカムチャツカ半島で繁殖し、日本などで越冬する。国内の越冬地としては宮城県をはじめ東北地方が知られるが、少数は奄美 […]

ノネコ対策に本腰を/トコトン語ろう会―徳之島

 NPO法人徳之島虹の会主催の「徳之島の自然をトコトン語ろう会」が15日夜、徳之島町の農協会館であった。同島に生息するアマミノクロウサギなど希少な野生生物の研究者らが、野生化した猫(ノネコ)による被害など生息環境をめぐる […]

与論でも製糖スタート

   与論町の与論島製糖㈱与論事業所(池田一彌所長)は15日、2014~15年期の製糖を始めた。搬入量は2万2097㌧を見込み、過去最低を記録した前期(1万6080㌧)からの回復が期待される。初日は287㌧の原 […]

奄美空港の乗降客数が大幅増

 奄美市笠利町の奄美空港管理事務所は15日までに、2014年に奄美空港を利用した定期便の乗降客数をまとめた。年間乗降客は前年比4万5933人(8・2%)増の60万2044人で06年以来、8年ぶりに60万人台を回復した。奄 […]

紬着用で気持ち新た

 毎月15日は本場奄美大島紬協同組合などが提唱する「すきすき紬デー」。大島紬の織り技術者を育てる奄美市名瀬の本場奄美大島紬技術専門学院の35期生(2014年4月~15年3月)の5人は紬を着用し、気持ちも新たに織りの技術を […]

陸自配備予算で賛否の声

  2015年度政府予算案の防衛関連費に、奄美大島への陸上自衛隊「南西警備部隊」配備に伴う用地取得費32億円が確保されたことに対し、奄美では14日、賛否の声が聞かれた。誘致推進派は「国防、経済効果で大きな前進」と歓迎する […]

兵庫の高校生、与論島を満喫

 兵庫県立東播工業高校(岩田薫校長)の2年生216人が14日、修学旅行で与論島に初来島した。16日まで滞在し、同島ならではの体験メニューや地元高校生との交流を楽しむ。 この日は沖縄から定期船で与論島入り。港での歓迎セレモ […]

冬のシマ博、2月1日開幕

 奄美群島ならではの体験型観光プログラムを提供する「あまみシマ博覧会2015冬」(奄美群島観光物産協会主催)が2月1日、開幕する。2010年冬に始まり今回が10回目。自然や文化、地場産業を体験する62のプログラムを用意し […]

文科大臣奨励賞に越間君(大島養護高等部)

  「2014年肢体不自由児・者の美術展」(社会福祉法人日本肢体不自由児協会主催)の絵画部門で、龍郷町にある県立大島養護学校(中村良一校長)高等部2年生の越間那央弥君(16)の作品が、特賞の文部科学大臣奨励賞を受賞した。 […]