HPリニューアル&月刊奄美電子版創刊

 南海日日新聞社は7日から月刊「奄美」(タブロイド版、毎月1日発行)の電子版を創刊、併せてホームページ(HP)をリニューアルしました。月刊奄美電子版は紙の新聞と同じ紙面がパソコン、スマートフォン、タブレット端末などを使っ […]

きれいな海楽しみ完泳

【沖永良部総局】与論町立与論小学校(中園照洋校長、児童87人)の第34回遠泳大会が4日、同町の大金久海岸であった。4年生以上の児童49人がA級2千㍍、B級500㍍、C級100㍍の3コースに挑戦。島の海の美しさを感じながら […]

来場者、5万人達成

 奄美市笠利町節田の「ひと・もの・交流プラザ」の来場者がこのほど5万人に達した。、施設の指定管理者・味の郷「かさり」(大山美智子代表)が5万人目の来場者に花束と記念品を贈った。  5万人目の来場者は施設の近所に住む小学校 […]

目指せ!甲子園、野球部OBが激励

  【徳之島総局】徳之島高校野球部OB会(椛山幸栄会長、会員数174人)は4日、全国高校野球選手権鹿児島大会に出場する同部に現金10万円を贈り、夏の甲子園を目指す後輩たちを激励した。 同会の寄付は今年で9回目。東敏美副会 […]

「全国モデルの活用」提言

 【徳之島総局】伊仙町にある国指定史跡「徳之島カムィヤキ陶器窯跡」の保存管理計画策定委員会(委員長・坂井秀弥奈良大学教授、委員8人)の会合が4日、同町教育委員会であり、基本方針や開発規制などの方策を盛り込んだ計画の素案に […]

奄美市の知名度アップに一役

 日本郵便と全国郷土紙連合会(南海日日新聞社など9社)は1日、2014ご当地キャラ「かもめーる」大作戦を開始した。今回は奄美市の公式キャラクター「コクトくん」が参戦。奄美市の知名度アップに一役買う。 大作戦は日本郵便の暑 […]

奄美の夏 到来!?

 3日の奄美地方は夏本番の到来を感じさせる青空が広がった。奄美市名瀬の最高気温は34・2度(午後0時53分)。前日記録した今年最高を更新し、気象庁の観測地点ではこの日「日本一」。名瀬大浜海浜公園では海水浴を楽しむ観光客の […]

ウミガメ産卵ピーク

 ウミガメの産卵シーズンがピークを迎えた奄美大島の海岸で30日夜、産卵の観察会があった。家族連れなど約20人が参加。砂浜に卵を産み落とすアカウミガメを見守り、神秘的な命の営みに感動した。産卵環境の保全に取り組む奄美海洋生 […]

シラヒゲウニ漁解禁

 奄美群島で1日、シラヒゲウニ漁が解禁された。奄美大島北部の海岸では、住民らが水揚げされたウニの殻を割って身をすくい出し、パック詰めなどの作業に追われた。 シラヒゲウニは基本的に漁協組合員以外の採捕はできないが、奄美漁協 […]

かご市で県産品再発見

 【鹿児島総局】県商工会連合会(森義久会長)のアンテナショップ「かごしま特産品市場」(通称・かご市)が6月29日、鹿児島市の繁華街「天文館はいから通り」の一角にオープンした。来年2月末までの期間限定ながら、県内38の商工 […]