加計呂麻島でモズク採り盛況

 瀬戸内町加計呂麻島で天然モズクが収穫シーズンを迎えた。11日は好天に恵まれ、海岸でモズク採りを楽しむ人々の姿が見られた=写真。    島民によると、モズクが繁殖する場所は毎年のように変わるという。今年も島内の […]

県の新防災ヘリ、運用開始  奄美大島も活動範囲に

  災害時の救助活動や状況調査、物資の運搬、救急搬送などの任務に当たる県の消防・防災ヘリコプター「さつま」の新型機が11日、運用を開始した。初代機に比べ速度や無給油飛行距離が向上し、活動範囲の南限が初代機の十島村から奄美 […]

外国人観光客にも好評 大阪で奄美黒糖焼酎祭り

 「奄美黒糖焼酎の日」の9、10の両日、大阪市北区の天神橋筋二丁目商店街で「奄美黒糖焼酎祭り」があった。8蔵元が20銘柄を振る舞いながら販売。来場者は、奄美にだけ製造が認められた黒糖焼酎の味と香りを楽しんだ。 &nbsp […]

交通・地域安全運動スタート 群島各地

 全国一斉の交通安全運動・地域安全運動(11~20日)のスタートを前に10日、奄美群島各地で出発式や街頭キャンペーンが展開された。交通安全運動は「子どもと高齢者の交通事故防止」を最重点に位置付け、地域安全運動では子ども、 […]

農家民宿でリピーター増 奄美市住用町

 農山漁村の民家に滞在し、地元の人々との交流や自然、文化体験を楽しむ「農林漁業体験民宿(農家民宿)」の取り組みが、奄美市住用町で始まり3年目を迎えている。格安航空(LCC)の就航やクルーズ船の寄港などで、年間88万人以上 […]

奄美黒糖焼酎 出荷量は横ばい維持

 9、10の両日は県酒造組合奄美支部(乾眞一郎支部長)が提唱する「黒糖焼酎の日」。同支部のまとめによると、2018年7月~19年3月の黒糖焼酎の課税移出(出荷)量は5627キロリットルで前年同期に比べ1%減とほぼ横ばい。 […]