国立公園PRに関西主要駅で電子看板

 奄美群島の国立公園指定(7日)を受けて「ぐーんと奄美」(奄美群島観光物産協会)は20日、関西地区の主要駅構内でデジタルサイネージ(電子看板)広告の放映を始めた。乗降客に視覚で奄美をアピールする。26日まで。

農家支援で500㌔購入/奄美タンカン値崩れ受け

 奄美大島と喜界島8地区の生活研究グループで組織する奄美地区生活研究グループ連絡協議会(脇田さちの会長、会員129人)は、豊作などで市場価格が落ち込んだ奄美大島産タンカン約500㌔を買い上げる。値崩れにより収入が減った生 […]

龍郷町の住宅地2地点は横ばい/17年地価公示価格

 国土交通省は21日、2017年1月1日を基準日とした地価公示価格を発表した。県内35市町291地点の平均価格(1平方㍍)は6万7800円、平均変動率はマイナス2・0%で25年連続で下落した。龍郷町の住宅2地点は名瀬のベ […]

奄美群島の予約、急増/楽天トラベル3、4月宿泊

 インターネットサイトを運営する楽天(本社・東京)が発表した3、4月の国内旅行先人気上昇ランキングによると、奄美大島、喜界島、徳之島エリアの予約は前年同期比で47・4%、沖永良部島・与論島エリアの予約は161・6%それぞ […]

紬着付け体験など提案/観光ツアー開発セミナー

 「奄美の観光資源を活かそう」と題した観光ツアー開発事業公開セミナーが16日、奄美市名瀬の県立奄美図書館であった。奄美大島内の宿泊施設や情報通信、飲食などさまざまな業界関係者約80人が参加。世界自然遺産登録を見据え、増加 […]

秋名米で新焼酎づくりへ/秋幾農業創成塾、蔵元2社

 龍郷町秋名と幾里両集落の農家らでつくる「秋幾農業創成塾」(龍宮省三塾長、20人)が今期、黒糖焼酎用の加工米栽培に取り組んでいる。収穫後に島内の蔵元2社が買い取り、オール奄美産のプレミアムを売りにした新商品作りを目指 […]

自給粗飼料で経営改善/与論町の叶さん農水省局長賞

 与論町の畜産農家、叶大輔さん(28)が、このほど東京で開かれた「第56回全国青年農業者会議」(全国農業クラブ青年協議会主催)で、新規粗飼料導入による子牛生産の取り組みを発表し、畜産部門で農林水産省経営局長賞を受賞した。 […]

入り込み客、77万人超/16年奄美群島

 県大島支庁は6日、2016年の奄美群島への入り込み・入域客数を発表した。入り込み客は77万5730人で前年比1万7843人(2・4%)の増。4年連続の増加で、記録が残る1970年以降、最多となった。奄振交付金や沖縄との […]

イタチザメなど5匹駆除/名瀬地区漁業集落

 奄美市の名瀬地区漁業集落(徳永正士代表)は5日、同市名瀬の大浜海浜公園から知名瀬にかけての沖合でサメ5匹を駆除した。駆除したのはイタチザメ3匹とオオメジロザメ2匹で、最も大きなサメは約2・6㍍、約150㌔のイタチザメ。 […]