初夏の味覚、奄美プラム出荷 大和村で出発式

  2019年産奄美プラム(スモモ)の出発式が9日、大和村のJAあまみ大和支所湯湾釜選果場であった。本年産の共販目標は20㌧。昨年の台風24号や暖冬の影響で、前期実績55㌧を大幅に下回る見通し。出席した生産者や行政、JA […]

三反園訓知事にスモモ贈呈

 【鹿児島総局】大和村の伊集院幼村長は7日、鹿児島市の県庁で三反園訓知事に村特産のスモモを贈呈し、旬を迎えた初夏の味覚をPRした。    同村は県内最大のスモモの産地だが、昨年の台風24、25号の影響で今年は生 […]

紬絣文様集、2千柄を体系化

 鹿児島県工業技術センター(霧島市、仮屋一昭所長)が編さんを進めてきた「大島紬絣文様集」の最終巻「龍郷柄編下」がこのほど完成し、全8巻がそろった。明治期から現代にかけて考案された2148柄を体系化。3日、センター関係者が […]

芭蕉布の復活を 奄美市

 芭蕉繊維研究会の設立総会が5月29日、奄美市名瀬の奄美大島商工会議所会議室であった。染織業関係者など14人が参加し、芭蕉布の復活に向けた設立趣旨を確認。会長に㈱みなみ紬(奄美市)代表取締役社長の南修郎氏を選出した。 & […]

職人育成、補助金で支援  紬後継者不足、深刻度増す

 本場奄美大島紬産地再生協議会(会長・前田豊成本場奄美大島紬協同組合理事長)は27日から、奄美大島伝統工芸産業支援補助金の申請者を募集している。伝統工芸産業の後継者育成に取り組む事業者や産地組合に対し▽後継者の給与(1人 […]

パッション収穫開始 瀬戸内町

 瀬戸内町を代表する特産果樹・パッションフルーツの収穫式が24日、同町阿木名のビニールハウスであった。瀬戸内パッションブランド産地協議会(宮原仲清会長)などが主催。県指定の「かごしまブランド団体」認定書授与式もあり、生産 […]

水産加工施設完成 大和村に

 大和村が整備を進めてきた水産加工施設の竣工祭・祝賀会が18日、同村津名久の現地であった。漁業者や行政など関係者ら約50人が出席。魚食普及や魚価の向上、体験型観光とも連動する新たな拠点の完成を祝った。    施 […]