共販目標9億3千万円 和泊町でバレイショ出発式

 JAあまみ和泊事業本部の2019年産沖永良部島バレイショ「春のささやき」出発式が9日、和泊町のJAバレイショ選果場であった。今期の共販目標は5437トン(前期実績5736トン)、販売額9億3千万円(同7億4900万円) […]

県産本格焼酎鑑評会、奄美は15点入賞

 2018酒造年度に製造された県産本格焼酎の出来栄えを審査する鑑評会(県酒造組合主催)の表彰式が8日、鹿児島市のホテルであった。品質が優等と評価された168点を発表し、奄美黒糖焼酎は前年より1点多い15点が選ばれた。 & […]

奄美群島の産業振興考えるシンポジウム

 奄美群島の「果樹」「漁業」「紬・糖・焼酎」「情報通信」分野の課題や将来の展望について考えるシンポジウムが2日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。鹿児島大学の教授と准教授の4人が登壇。「産業資源と奄美の文化を結び付ける […]

タンカンシーズン到来  はさみ入れ式、奄美市で

   JAあまみ大島事業本部主催の2018年産「奄美たんかんはさみ入れ式」は1日、奄美市住用町の松元果樹園であった。生産者と同事業本部や県大島支庁など関係者約50人が出席。鮮やかに色づいたタンカンにはさみを入れ […]