オニヒトデ駆除879匹/5年連続で三桁維持

 奄美群島サンゴ礁保全対策協議会(会長・伊東義久奄美市環境対策課長)は2013年度の事業実績をまとめた。サンゴ礁を食い荒らすオニヒトデの駆除数は879匹。重点海域を設けて調査と駆除を繰り返す取り組みが奏功して個体は減少し […]

本土と違う価値生かせ/与論町で農業・農村セミナー

 農業・農村センスアップセミナー(沖永良部地区農業改良普及事業協議会主催)が25日、与論町地域福祉センターで始まった。農業マーケティングコンサルタントの星野康人さんが「マーケティングの具体的な手法の理論と事例」の演題で講 […]

JAL7路線に新運賃/羽田へ最大69%割引も

 県は25日、改正奄美群島振興開発特別措置法(奄振法)の目玉として創設された「奄美群島振興交付金」を活用した奄美群島交流需要喚起対策特別事業のうち、JALグループと連携した新たな割引運賃の発売が10月26日搭乗分から始ま […]

指導漁業士、奄美地区/2人に認定証

 2014年度の漁業士認定証交付式(奄美地区)が22日、奄美市名瀬の県大島支庁であり、名瀬漁協所属の徳田謙治さん(45)=奄美市名瀬=と奄美漁協所属の濵崎房生さん(45)=同市笠利町=の2人が指導漁業士に認定された。 青 […]

奄美市が橋梁長寿命化修繕計画

 奄美市はこのほど、市が管理する303カ所の橋を対象に「橋梁長寿命化修繕計画」を策定した。5年ごとに定期点検を行い、損傷状態を把握。損傷が軽い段階で補修する「予防保全」の方針を打ち出した。損傷が進んでから架け替えや大規模 […]

ごみ焼却施設、建設地選定で停滞

 施設老朽化に伴う与論町ごみ焼却施設建設の第2回説明会は19日、町中央公民館であった。同施設建設については候補地選定に対し、一部の住民から反対署名(171人分)の提出があり、事業の推進が停滞している。説明会は町民、役場関 […]

スポーツ合宿、奄美は期間短縮で減少

 県観光課は2013年度に県内で受け入れた県外からのスポーツキャンプ・合宿の実績をまとめた。29市町村が1169団体(前年度比14・3%増)、2万8177人(同9・8%増)、延べ13万1404人(同7・8%増)を受け入れ […]

徳之島で再生エネ新規契約説明会

  【徳之島総局】太陽光発電の急速な広がりを背景に、九州電力が管内6離島で再生可能エネルギー設備の新規接続契約受け付けを一時中断している問題で、奄美群島内3島の現地説明会が20日、徳之島を皮切りに始まった。九電側は発電設 […]

外客誘客で交流人口拡大へ

 訪日外国人旅行者受け入れ研修会(県観光交流局観光課主催)が18日、奄美市名瀬のAiAiひろばであった。基調講演で㈱ジャパン・インバウンド・ソリューションズ社長の中村好明氏が「ビジネスや冠婚葬祭を含めた人々の全交流活動が […]

「あまみ島一番」コンテスト

 奄美の地場産食材や地域資源を活用した商品を対象にした「あまみ島一番コンテスト」(奄美群島広域事務組合、奄美群島観光物産協会主催)の審査が18日、徳之島を皮切りに始まった。審査員らが商品の地域性や独創性などを評価し、生産 […]