欠航、停電、住民生活は混乱 台風22号

 台風22号の接近、通過に伴い28日、奄美地方は強風と大雨に見舞われた。各島で住民が自主避難したほか、停電が続発。徳之島町で住家の屋根が飛び、喜界島では町道が通行止めとなった。海空の便はほとんどが欠航し、住民生活は混乱し […]

台風21号 倒木が民家損壊

 超大型で非常に強い台風21号は22日、奄美地方全域を風速15㍍以上の強風域に巻き込んだまま奄美大島の東海上を北上した。奄美市笠利町と喜界島で同日未明、最大瞬間風速31・9㍍を記録。群島内で最大約5500世帯が停電し、海 […]

大浜海岸でサンゴ大規模白化

 奄美海洋生物研究会(興克樹会長)は19日までに、今年夏の海水温の上昇に伴って奄美大島で確認されたサンゴの白化現象の発生状況をまとめた。奄美市名瀬の大浜海岸の礁池内では大規模な白化が発生し、全体の8割が死滅したことが分か […]

IUCN調査、奄美2島で終了

 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島県、沖縄県)の世界自然遺産登録に向けた国際自然保護連合(IUCN)の専門家2氏による現地調査は15日、奄美2島の視察が終わった。記者会見した環境省那覇自然環境事務所の西 […]

平山美龍が全島一に―徳之島

 ○…闘牛の徳之島横綱などを決める全島一決定戦・軽量級優勝旗争奪戦大会(天城町闘牛協会北部支部主催)が15日、天城町松原闘牛場であった。島内外から闘牛ファンら約3千人が詰め掛け、巨体がぶつかり合う白熱した取組に沸いた。 […]

道路寸断18カ所、住家浸水98棟=喜界の大雨被害

 4日から5日にかけて「50年に一度」の激しい雨に見舞われた喜界町。けが人などの人的被害はなかったものの、島内では県道や町道など少なくとも18カ所で崩土などの土砂災害が発生し、道路が寸断されている。町側によると、町内の床 […]

奄美市大浜海岸 リーフ内サンゴ9割白化

 奄美市名瀬の大浜海岸で14日までに、大規模なサンゴの白化現象が確認された。サンゴ群体の9割に及び、うち6割は純白色まで重度化している。調査を行った奄美海洋生物研究会(奄美市名瀬)の興克樹会長は「高海水温の影響と考えられ […]

台風5号、5日ぶりに船便再開

 台風5号の接近、通過に伴って欠航が続いた奄美関係の交通網も徐々に回復している。7日の海の便は沖縄からの定期航路が最長で5日ぶりに再開。接岸先では、入港を待ちわびた住民や観光客らが安どの表情を浮かべながら乗り込んだ。空の […]

約80㌫のサンゴが死滅/徳之島町山の畦海岸

 奄美群島サンゴ礁保全対策協議会(会長・島袋修奄美市環境対策課長)の総会が1日夕、奄美市役所会議室であった。群島内各市町村の担当者ら約20人が出席し、2017年度の事業計画などを承認した。16年4月に徳之島町山の畦海岸で […]

喜瀬かくれ浜現る(奄美市笠利町)

 26日、奄美市笠利町喜瀬の沖合に白砂の浜が浮かび上がった。奄美市の一集落1ブランドの一つ「かくれ浜」だ。梅雨晴れと重なり、海と浜のコントラストは一層際立った。姿を現したかくれ浜には観光客や住民らが次々と渡った。