和泊で住家浸水9棟 台風8号影響

    奄美地方は27日、台風8号の影響で局地的に大雨となった。名瀬測候所によると、沖永良部島付近では解析雨量が同日午前5時半までの1時間に約110ミリの猛烈な雨を観測。県と鹿児島地方気象台は同日午前6時10分、和泊、知 […]

用海岸でサンゴ白化 笠利町

  奄美市笠利町の用海岸で18日、サンゴの白化現象が確認された。礁池内の浅い海域で、枝状のコモンサンゴの群体に部分的な白化が見つかった。夏の海水温の上昇が原因とみられ、今後の白化の広がりが懸念される。    奄 […]

煙霧の正体は火山灰? 西之島から千㌔飛来か

 先月31日以降、奄美群島を含む九州各地などで観測された煙霧について、小笠原諸島・西之島の噴煙が影響した可能性が指摘されている。日本気象協会は4日、「(西之島から)火山灰などの一部が飛来した可能性がある」と考察する記事を […]

到来、奄美の夏本番 最も長く遅い、梅雨明け

 鹿児島地方気象台は20日、奄美地方が梅雨明けしたとみられると発表した。昨年より7日、平年より21日それぞれ遅く、気象庁が統計を開始した1951年以降で最も遅かった。梅雨の期間は71日で、最長だった2010年の70日を上 […]

最も遅い梅雨明けか 奄美地方

 奄美地方は梅雨明けが平年(6月29日ごろ)より大幅に遅れている。気象庁が1951年に統計を開始して以降、梅雨明けが最も遅かったのは83年と2010年の7月15日ごろ。奄美地方は15日以降、梅雨前線の南下に伴い週末にかけ […]