台風18号/4、5日に奄美に接近

 大型で非常に強い台風18号は2日夕、フィリピンの東海上を時速20㌔で北西へ進んだ。台風は3日以降、非常に強い勢力を維持したまま北寄りに進む見込み。台風は4日から5日にかけて奄美地方に接近し、奄美地方の海上は大しけとなる […]

無料で猫の不妊出術事業-徳之島

  【徳之島総局】徳之島3町は11月、公益財団法人どうぶつ基金(兵庫県)と共同で、猫の不妊手術事業に着手する。世界自然遺産登録を視野に、猫の野生化を防ぎ、希少な野生生物の保護を図る目的。野生化した猫(ノネコ)や野良猫のほ […]

自然遺産登録、16年夏は困難か

 環境省と林野庁、鹿児島、沖縄両県合同の奄美・琉球世界自然遺産候補地科学委員会(委員長・土屋誠琉球大  学名誉教授)の会合が8日、奄美市内であり、国連教育科学文化機関(ユネスコ)への推薦書提出などの手続き がずれこむため […]

コウノトリの兄弟、再会か

 国の特別天然記念物コウノトリ2羽が4日から5日にかけて、奄美大島で同時に確認された。9カ月前から奄美群島に飛来している雄の兄弟だが、奄美野鳥の会は「一緒にいる姿が確認され、写真で記録されたのは初めてではないか」としてい […]

かごしま水族館でサンゴ礁シンポ

   【鹿児島総局】奄美群島など県内のサンゴ礁保全策を考えるシンポジウムが23日、鹿児島市のかごしま水族館であった。奄美群島サンゴ礁保全対策協議会が同館と共催。自然の恵みをもたらすサンゴ礁生態系と人の共生へ向けて「必要な […]

イセエビ漁解禁-奄美群島

   奄美群島で21日、イセエビ漁が解禁された。各漁協市場内には生きのいいイセエビがずらりと並んで活気にあふれた。奄美市名瀬の名瀬漁業協同組合(満林春男組合長)では、キロ当たり4011円の高値が付き、早朝から競 […]

一村一生物運動など推進

 奄美大島の生物多様性地域戦略策定へ向けた専門委員会(会長・小野寺浩東京大学特任教授、15人)の2014年度初会合が21日、奄美市役所であり、島内5市町村で連携して取り組む戦略の素案を確認した。森など自然の保全と再生のほ […]

奄美各地で日暈現象

 〇…太陽の周りに光の輪ができる現象「日暈(ひがさ、ひのかさ)」が20日、奄美各地で見られた。沖永良部島では正午前後、薄い雲がかかった青空に、虹色のきれいなリングが浮かんだ=写真。 〇…名瀬測候所によると、主に上空を巻層 […]