大熊展望台からグリーンフラッシュ

 奄美市名瀬のアマチュアカメラマン・吉行秀和さん(57)が4日、夕日が沈む直前に太陽の端が緑色に輝く現象「グリーンフラッシュ」の撮影に成功した。同市名瀬の大熊展望台でカメラに収めた。グリーンフラッシュは、日の出や日の入り […]

サンゴ大規模白化を確認 徳之島町・畦海岸

  徳之島北東部に位置する徳之島町の畦海岸で、大規模なサンゴの白化現象が確認された。島内の周辺海域では白化は確認されておらず、被害は局所的。4月下旬までの1カ月間で白化が急速に進んだとみられる。樹枝状のミドリイシ属の群落 […]

アマミナツトウダイ咲く

 ○…奄美大島で固有種のアマミナツトウダイ(トウダイクサ科)が開花した=写真。杯状のつぼみを包んだ葉から、花びらもがくもない不思議な形の花が顔をのぞかせ、林緑に彩りを添えている。  ○…もともと数が少なく、開発行為などで […]

サンゴ礁保全で新計画策定-環境省

 環境省は3月末、「サンゴ礁生態系保全行動計画2016―2020~サンゴの海の恵みを守るために」を策定した。10年度にまとめた計画の改訂版。新計画は、重点的に取り組むべき課題を特定し、それらを解決するための対策を実施して […]

やんばるの推薦区域案明示、世界自然遺産科学委

  「奄美・琉球」の世界自然遺産候補地科学委員会(委員長・土屋誠琉球大学名誉教授、委員14人)が27日、那覇市内であり、沖縄本島北部(やんばる)の約5千㌶を推薦区域案とする方針が示された。登録の前提となる国立公園の設置に […]

降雪と強風で空の便51便欠航

 大荒れの天候となった24日、奄美の空のダイヤは大きく乱れた。鹿児島空港の降雪や奄美地方の強風の影響で、日本エアコミューター(JAC)の鹿児島と奄美群島、離島間を結ぶ計51便が軒並み欠航。海のダイヤも、25日那覇発フェリ […]

リュウキュウアユ産卵地整える

 奄美大島にだけ残る天然のリュウキュウアユの産卵場整備体験活動が29日、宇検村と奄美市住用町の生息地2河川であった。生物多様性の保全と持続可能な利用に関する同島の生物多様性地域戦略の一環。世界的にも貴重な奄美の宝を守ろう […]

外来水生生物の駆除策探る

 奄美市主催の「水生生物多様性シンポジウム2015」が18日、同市住用町の「黒潮の森マングローブパーク」研修室であった。コイやカメ類など、奄美大島でも分布が懸念されている外来生物の現状などについて専門家が報告、解説した。 […]

中秋の名月に、コウノトリ

 中秋の名月に、コウノトリ現る―。奄美市名瀬の宮山清峰さん(66)は27日夜、満月をバックにしたコウノトリの撮影に成功した。「狙っていた構図なので感無量」と話す。コウノトリが現れたのは午後6時すぎ。立て続けにシャッターを […]

台風15号 旧盆前の帰省客直撃

 台風15号の接近で奄美群島は24日、空と海の便に大きな影響が出た。航空便は午後を中心に羽田―奄美、伊丹―奄美、鹿児島―奄美など46便が運航を見合わせ、船便のほとんどが欠航した。台風は夏休みや旧盆を古里で過ごす予定の帰省 […]