「徳之島」をテーマに個展開催 東京

似顔絵を通じてイラストの面白さを伝える竹添さん=8月25日 東京・国立市

似顔絵を通じてイラストの面白さを伝える竹添さん=8月25日 東京・国立市

  【東京支社】徳之島を拠点に活動しているイラストレーター竹添星児さんの個展が8月17日から今月1日まで、東京国立市のギャラリーで開催された。「Wind On The Island」と題した個展には、徳之島を題材にした大小50点の作品を展示さ。会期中にはトークショーもあり、竹添さんが島での暮らしや地域とのかかわりなどについて紹介した。

 

 竹添さんは2016年に県本土から徳之島に移住。「島暮らし」を楽しみながら創作活動を続けている。鑑賞に訪れた埼玉県の青柳遥さんは「イラストは想像力を高めてくれる。過去に訪れた国内外の島々に流れる心地よい風を思い起こすことができた。心が和みました」と印象を語っていた。

 

 個展を終えた竹添さんは「東京では初めての個展。会期中には、予想を超える多くの方に足を運んでいただいた。作品を通じて世界自然遺産登録を目指している徳之島をPRできたのでは」と手応えを語り、今後の制作活動に意欲を見せた。