あす「花ノしずく」配信  沖永良部出身歌手・大山百合香さん

2021年中に発売予定のCDアルバム「ハナノヒ」のジャケット写真

2021年中に発売予定のCDアルバム「ハナノヒ」のジャケット写真

   【沖永良部総局】沖永良部島出身の歌手、大山百合香さんが自ら作詞した曲「花ノしずく」が27日、配信リリースされる。大山さんは「沖永良部島にユリの花が咲き乱れるこの時期に、配信リリースできることをうれしく思う。島内の皆さん、島を離れて暮らす皆さんにも、南風に乗ってこの美しい花の香りとともにこの歌が心に届きますように」と思いを話した。

 

 大山さんは2005年にメジャーデビュー。「花ノしずく」は昨年、「デビューから15年という節目にその思いを形にできたら」と筆を執った。作詞に臨むに当たって、改めてふるさとのことを知りたいと島の歴史を学び、島の支えであった「花」「うた」に感謝の思いが込み上げてきたという。

 

 作曲は「島唄」などで知られるTHE BOOMの宮沢和史さんに自ら依頼。宮沢さんの声とギター演奏で完成した曲が届いた時は「正直夢のようで実感が湧かなかったが、何度も何度も聴く中で、自然と島の景色と合わさって涙があふれた」と大山さん。コロナ禍、旅行も行きにくい状況だが、「この曲を聴いて、いつの日か多くの方に島に訪れていただけますように」とも話した。

 

 曲は各種音楽配信サイトなどで購入できる。今年は同曲を収録したアルバムも発売予定。