きょうから新芸術協会作家三人展 一村記念美術館

 「新芸術協会作家三人展IN奄美」を開く(左から)阪上正信さん、星村義一さん、後藤環さん=26日、奄美市笠利町

「新芸術協会作家三人展IN奄美」を開く(左から)阪上正信さん、星村義一さん、後藤環さん=26日、奄美市笠利町

 「新芸術協会作家三人展IN奄美」は1月27日から2月17日まで、奄美市笠利町の田中一村記念美術館企画展示室である。開幕に先立ち26日、龍郷町出身の星村義一さん(71)ら作家3人によるプレオープン・ライブトークイベントがあった。

 

 作家は星村さんと阪上正信さん(神奈川県在住)と後藤環さん(埼玉県在住)。抽象画、風景画などそれぞれの絵画作品合わせて66点を展示している。

 

 ライブトークは3人が来場者から質問を受けながら進行。画家の作業環境や絵を描き始めた経緯、描き続ける理由などを語った。

 

 星村さんは「なかなか抽象画など見る機会は少ないと思う。3人の作家の油絵、水彩など色んな描き方を堪能できる。ぜひ多くの方に足を運んでほしい」と話していた。

 

 絵画展は観覧無料。開館時間は午前9時~午後6時(最終日は午後4時まで)。2月6日は休館。問い合わせは電話0997(55)2635同館。