ショチョガマ作り、ボランティアが協力=龍郷町

ショチョガマを組み立てる秋名・幾里の青壮年団と老人クラブの団員、ボランティアの人々=10日、龍郷町秋名

ショチョガマを組み立てる秋名・幾里の青壮年団と老人クラブの団員、ボランティアの人々=10日、龍郷町秋名

 国の重要無形民俗文化財に指定されている龍郷町の「秋名アラセツ行事」で使う「ショチョガマ」が10日、秋名集落と田袋を見下ろす中里(なざと)の山の中腹に完成した。住民の高齢化のため、今年は初めてボランティアを募集。約30人が協力した。秋名・幾里集落の青壮年団と老人クラブの団員と共に祭場に資材を運び上げ、片屋根のわらぶき小屋(ショチョガマ)を建てた。