ミュージカル「レ・ミゼラブル」に出演  奄美2世の中井さん

圧倒的な歌唱力と表現力で魅了する中井さんのステージ

圧倒的な歌唱力と表現力で魅了する中井さんのステージ

 【東京支社】奄美2世のミュージカル俳優・歌手中井智彦さん(35)が19日の東京・帝国劇場公演で幕を開けるミュージカル「レ・ミゼラブル」全国ツアーに出演する。東京芸術大卒後、劇団四季で磨いた圧倒的な歌唱力と表現力に高い評価が寄せられている中井さん。「私のステージを奄美の皆さんをはじめ全国の出身者の方に見ていただきたい。祖父、父の古里である奄美にも私なりの恩返しができたらと思っています」と話している。

 

 中井さんは横浜市出身。学生時代にはバスケットボールに熱中していたが、高校1年生の時に「歌手になる」と決意。劇団四季では千回超のステージをこなした。「美女と野獣」では3年にわたり主役を演じた。

 

 これまでに5枚のCDをリリース。昨年10月に発売した最新CD「見果てぬ夢」はミュージカルの名曲3曲を収録。中井さんの「声」が持つ力強さと優しさがバリトンボイスで余すところなく表現されている。

 

 レ・ミゼラブルでは革命指導者の1人コンブフェール役で出演。全国ツアーは9月まで続く。並行して単独の音楽ライブを5、6月に東京と名古屋、7月に大阪で開催する予定だ。

 

 南海日日新聞のインタビューに対し、中井さんは「東京芸大で学んだこともあり、子どもたちへの教育にはとても関心がある。音楽を通じて奄美群島の地域活性化に少しでも貢献できたらと思っています」とも話した。

 

 祖父中井藤夫さん、父尚文さんはいずれも奄美市名瀬浦上生まれ。藤夫さんは大島高校教頭、沖永良部高校校長など歴任。尚文さんは神戸商船大を経て、日本郵船㈱で機関長を務めた。

 

 出演する公演やライブ日程は電話03(5799)2778所属事務所アップカミングへ。

インタビューで「音楽を通じて奄美群島の地域活性に少しでも貢献できたら」と語る中井さん=3月26日、東京・銀座の南海日日新聞社東京支社

インタビューで「音楽を通じて奄美群島の地域活性に少しでも貢献できたら」と語る中井さん=3月26日、東京・銀座の南海日日新聞社東京支社