リッコモダンジャズバレエが20周年記念発表会

軽快な舞いで観客を魅了した発表会=26日、奄美文化センター

軽快な舞いで観客を魅了した発表会=26日、奄美文化センター

 リッコモダンジャズバレエスタジオ(奄美市名瀬、濱畑律子代表)の創立20周年記念発表会が26日、奄美市名瀬の奄美文化センターであった。幼児から高校生までの教室生ら約40人が出演。華やかな衣装と舞で詰め掛けた観客を魅了した。

 

 発表会は2年ぶり7回目。構成、演出には濱畑代表の師匠・寒水泰江さん(寒水・能見ダンストゥループ代表)=東京都=も携わった。ステージは2部構成で、プログラムは全41曲。バレエを基本としたさまざまなジャンルのダンスを次々と繰り広げた。子や孫、友人の晴れ舞台を見ようと駆け付けた客で会場は満員になり、1曲ごとに盛んな拍手が送られた。

 

 フィナーレのあいさつで濱畑代表は「20年はあっという間だった。生徒はもちろん寒水先生にここまで育てていただいた。今後も10年、20年と頑張っていきたい」と話していた。

 寒水・能見ダンストゥループの能見広伸副代表、半田正彦さんらもゲスト出演し節目の公演に花を添えた。