上城遺跡の石斧で丸木舟製作/日本工大・ハマスーキ

実験に当たったメンバーと、製作した丸木舟(日本工業大提供)

実験に当たったメンバーと、製作した丸木舟(日本工業大提供)

 日本工業大学は与論町麦屋の上城(うわいぐすく)遺跡(約2800年前)から発掘された石斧(せきふ)の複製を用いた丸木舟の製作実証実験について、このほど報告書にまとめた。2014年度から3回に及んだ実証実験から、当時の石器工具での舟の加工が可能であることを明らかにした。同大の研究員は「当時の人たちの生活と海との関わりや、近くの島を舟で行き来しながら暮らしていたことを推定できた」としている。