世相チクリ、観賞者ニヤリ

「現代かわら版」展を開いた幸田哲弘さん=東京・銀座の画廊と作品の一つ「おもてざた」

「現代かわら版」展を開いた幸田哲弘さん=東京・銀座の画廊

 【東京支社】奄美市名瀬出身のグラフィックデザイナー、幸田哲弘さん(59)がこのほど、東京・タチカワブラインド銀座スペースオッテで「現代かわら版」JIJI(時事)POP(ポップ)展を催し、好評を博した。
 2013年6月から1年間に世の中をにぎわせた時事ネタ50点を展示。作品はサインペンで描き、パソコンで取り込み、フェイスブックに1回ずつ掲載した。

作品の一つ「おもてざた」

作品の一つ「おもてざた」

 いずれの作品にもユーモラスな言葉とパロディーがあり、観賞者も思わず「ニヤリ」。
 例えば東京オリンピック誘致に奔走し、不祥事で退任した猪瀬元東京都知事をパロディー化した作品は花札のデザインに「おもてざた」の赤短冊。

 幸田さんは「暗い政治問題もバッシングばかりでなく、明るい未来に向けて前向きに描いたつもり」と話した。