中條さんに文科大臣表彰 宇検村

中條森雄さん201226柿 鹿児島県はこのほど、文部科学省の2020年度地域文化功労者表彰(大臣表彰)の被表彰者を発表した。県内は2人。奄美からは文化財保護功労者として、元宇検村文化財保護審議会会長の中條森雄さん(93)=同村久志=が表彰を受ける。受賞の知らせを受けて中條さんは「後世に残すべき文化財の価値を訴えてきただけ。(受賞は)信じられない」と喜びを語った。

 

 中條さんは1998年4月から2019年3月まで村文化財保護審議会委員として文化財の保存・活用に携わり、2003年4月から07年3月まで会長を務めた。

 

 委員在任中は、奄美のノロ(女性祭司)が使用していた祭祀(さいし)用具などの関係資料の県文化財指定に尽力したほか、11年度から15年度にかけては、文化庁の補助事業「文化遺産を活かした地域活性化事業」の調査にも積極的に協力。14年6月に奄美群島文化財保護対策連絡協議会表彰、同年11月には県文化財功労者表彰を受賞した。

 

 県内からは中條さんのほか、鹿児島女子短期大学児童教育学科名誉教授の寺園玲子さんが芸術文化功労者として表彰を受ける。

 

 表彰式は21年1月24日、京都府立府民ホールである。