八月踊り唄の継承を 小川さんが必要性強調

 

八月踊りの歴史や特徴などを学び、次世代へ継承するための方策を考えたトークセッション=21日、県立奄美図書館

八月踊りの歴史や特徴などを学び、次世代へ継承するための方策を考えたトークセッション=21日、県立奄美図書館

  奄美大島のシマジマ(各集落)に伝わる八月踊りの歴史や特徴などを学び、次世代へ受け継ぐための方策を考えるトークセッションが21日、奄美市名瀬の県立奄美図書館であった。講師の小川学夫・元鹿児島純心女子短期大学教授が「八月踊りはシマの重要な財産。連帯感を生み、底知れないエネルギーを与えてくれる」と述べるとともに、八月踊り唄の継承の必要性を強調した。