古仁屋中学校で城南海さんコンサート

島唄の「行きゅんにゃ加那」で生徒と共演した城さん(左)=18日、瀬戸内町古仁屋

島唄の「行きゅんにゃ加那」で生徒と共演した城さん(左)=18日、瀬戸内町古仁屋

 瀬戸内町立古仁屋中学校(竹ノ山誠忠校長、生徒157人)で18日、同校出身のミュージシャン城南海さんのミニコンサートがあった。生徒たちは、城さんの透き通った歌声に耳を傾けた。

 

 コンサートは27日に奄美市であるデビュー10周年記念コンサートのPRも兼ねて開いた。生徒たちは城さんの登場に一瞬驚いた様子だったが、間もなく歓声に変わった。

 

 城さんは小学4年生から中学1年生まで古仁屋で育った。古仁屋中吹奏楽部でトランペットを演奏していたことや清水の海で泳いでいたエピソードを紹介し、デビュー曲「アイツムギ」や「夢待列車」など4曲を披露。島唄「行きゅんにゃ加那」は生徒と一緒に歌った。

 

 2年の安田瑠依さん(14)は「まさか一緒に歌えるとは思っていなかった。緊張したけどいい思い出になった」。城さんは「母校で歌うことができてうれしい。少しでも島唄などに興味を持ってくれたら」と話していた。

 

 城さんのデビュー10周年記念コンサートの問い合わせは電話0997(53)2202アーマイナープロジェクト。