奄美図書館でマンガ講座作品展 

受講生らの力作が並ぶマンガ講座作品展=14日、奄美市名瀬の県立奄美図書館

受講生らの力作が並ぶマンガ講座作品展=14日、奄美市名瀬の県立奄美図書館

    奄美市名瀬の県立奄美図書館で、市内と瀬戸内町の「マンガ講座」受講生による合同作品展が行われている。色鉛筆や水彩絵の具、パソコンなどで描かれたマンガやイラスト約90点を展示。講座関係者は「コロナ禍の難しい時期に場所を提供していただいた奄美図書館に感謝している。多くの人に作品を見てもらえたら」と呼び掛けている。4月11日まで。

 

 合同作品展は毎年の恒例行事。瀬戸内町在住の福島憲一郎さん(61)が講師を務める2020年度の名瀬公民館生涯学習講座と、瀬戸内町の公民館講座の受講生、講座卒業生や色彩講師らの力作が並んだ。

 

 受講2年目で作品2点を出した得芽生さん(11)=朝日小5年=は「それぞれいろんな個性が絵からでている。私ももっとうまくなりたいし、イラストは趣味でずっと続けていきたい」と笑顔。

 

 少女漫画家を目指す塩本結愛さん(14)=小宿中2年=は「講座に通うことでみんなの絵から工夫を学ぶことができた。今は身体をバランスよく描けるようになることが目標」と語り、得さんと2人で意見を交わしながら熱心に展示作品を観察していた。

 

 作品展は午前9時~午後7時(日曜・祝日は午後5時まで)。月曜定休。問い合わせは電話090(3064)3158福島さん。