奄美川柳、今年も募集

 奄美市名瀬公民館の指定管理者NPO法人アマミーナが「奄美☆ワールド川柳」を募集している。奄美群島の日本復帰60周年を記念した昨年に続き2回目。今年のお題は「集落遺産」「シマ遺産」「奄美の自然」。復帰61周年にちなみ61句を選出し、12月に発表する。

 前回は国内外から647句の応募があり、入賞60句を選出した。大賞は奄美市の女性が詠んだ「タンスにて 寝てた日の丸 空に舞う」だった。
 28日、南海日日新聞社を訪れたスタッフ=写真=は「秋の夜長、焼酎なめながらシマを詠んで島を見直すきっかけに」「一人一人それぞれの宝を読み込んでくれれば。地域のことでもいいし、おじいちゃんやおばあちゃんのことでもいい」と話した。
 11月15日締め切り。名瀬公民館や市内の学校に応募用紙を配置する。1人1句とし、郵送は郵便番号894―0025奄美市名瀬幸町25―12奄美市名瀬公民館「奄美☆ワールド川柳係」、ファクスは0997(57)0507、メールはnaze-kouminkan@water.ocn.jpへ。電話0997(52)1816アマミーナ。