小湊集落で伝統の「綱かつぎ」

大綱を引いて「十五夜どー、十五夜どー」の掛け声で集落を練り歩く子どもたち=27日、奄美市名瀬小湊

大綱を引いて「十五夜どー、十五夜どー」の掛け声で集落を練り歩く子どもたち=27日、奄美市名瀬小湊

 旧暦8月15日に当たる27日夕、奄美市名瀬の小湊集落で「十五夜綱かつぎ」があった。無病息災を祈る伝統行事。地域の子どもたちが長さ約10㍍の大綱を担ぎ、ホラ貝を吹きながら「十五夜どー、十五夜どー」と大声を上げて満月の光が照らす集落内を練り歩いた。