島唄、八月踊りで地元PR 宇検・瀬戸内「伝統文化の祭典」 県奄美パーク

総勢9組が出演した「宇検村・瀬戸内町伝統文化の祭典」=15日、奄美市笠利町

総勢9組が出演した「宇検村・瀬戸内町伝統文化の祭典」=15日、奄美市笠利町

  奄美市笠利町の県奄美パークで15日、宇検村と瀬戸内町による「伝統文化の祭典」があった。観光客を含め島内外から400人余りが来場。両町村の唄者や八月踊り保存会ら総勢9組が繰り広げる芸能発表を楽しんだ。

 

 イベントは奄美パーク主催。興花佳さん(古仁屋小6年)の「黒だんど節」に始まり、2町村ともに若手からベテランまで軽快なトークを挟みながら島唄や八月踊りを披露した。宇検村の健康づくり体操グループのメンバーを主体とした「田検とどろき会」は、集落の女性に歌い継がれ、シマ(集落)を離れる人を見送る時にだけ歌われる「送り節」を実演した。

 

 両町村の特産品やガイドブックなどを詰め合わせたプレゼントが用意され、数量限定品をかけたじゃんけん大会でも盛り上がった。最後は全出演者と観客も交えた六調で締めくくった。

 

 職場の先輩の勧めで観覧に訪れたという沖永良部島出身の沖静花さん(31)は「奄美大島で暮らして3年、初めて島唄をきちんと聞いた。歌う人で印象が違うのが面白い。小中学生も取り組んでいることに感動した。残したい文化だと感じた」と話した。