島唄通し文化学ぶ

「ジッキョヌホー」について地元住民から話を聞く受講生ら=23日、知名町瀬利覚

「ジッキョヌホー」について地元住民から話を聞く受講生ら=23日、知名町瀬利覚

 東京丸の内周辺に勤務するサラリーマンやOLなどを対象とした市民大学「丸の内朝大学」奄美シマ唄クラスの受講生31人が22~24日、フィールドワークで与論、沖永良部両島を訪れ、島の歴史や文化への理解を深めた。
 奄美シマ唄クラスは、島唄を通して奄美各島の文化の特徴を学び、島の魅力を感じてもらおうと、一般社団法人奄美群島観光物産協会が講義を開いている。今回は全8回講義の7回目。両島に各1泊し、唄にまつわる景勝地や史跡などを巡った。