島尾文学の世界に浸る/古仁屋中で朗読と音楽のつどい

生徒たちが島尾文学の世界に浸った「朗読と音楽のつどい」=22日、瀬戸内町の古仁屋中学校

生徒たちが島尾文学の世界に浸った「朗読と音楽のつどい」=22日、瀬戸内町の古仁屋中学校

 NPO法人島尾敏雄顕彰会(潤井文子理事長)主催の「朗読と音楽のつどい」が22日、瀬戸内町立古仁屋中学校(前田浩之校長、生徒144人)であった。元NHKアナウンサー・青木裕子さんが「はまべのうた」を朗読。スピネット奏者・小澤章代さんが幻想的な音楽で独特の世界観を演出し、2年生46人は島尾文学の世界に想像を膨らませた。